読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘0歳、猫の4人暮らし。

「英文快読術」に載っている英語勉強法を、アフィリンクを貼りながらまとめる

読書 英語

英文快読術 (岩波現代文庫)

英文快読術 (岩波現代文庫)


図書館で借りました。きっかけは、物知り椎茸先生wattoさんのこの記事から。
watto.hatenablog.com
なぜ「日本人の英語」シリーズを借りなかったのか自分でもわからないあまのじゃくです。


わざわざ人様の記事をリンクしたくせに全く内容に触れることなく、「英文快読術」の感想です。
この本では一流の翻訳者、行方昭夫氏による、社会人が英語、特に英文読解をやり直したい場合の指南書です。


日本人はみんな英語の勉強に強烈な興味があるというのに、英語力が低い。よく会話力が低いと言われるけど、読解力も低いのだといいます。
理由として大学入試が挙げられています。大学入試問題は専門家が感嘆する程の良問揃いなのに、不当に難しい。3~4割も正答されていない現状。そして難解な大学入試に照準を合わせた高校英語が急に難しくなってしまうこと、更に大学の大衆化も問題を大きくしていることを挙げています。

昨今の会話力重視の風潮に対して、著者は「発音、抑揚、訛り以外で、アバウトで良いというのには反対」、と言います。「良い翻訳は正しい解釈に基づくしかない」と、本書の最後にも挙げています。
そこで対応策として、社会人のやり直し英語の勉強方法を挙げています。

大人のための学習法

聴解力
  1. 標準的な英語の会話、物語、劇などの録音されたテープと、原文のテキストを入手する
  2. 原文は見ないで繰り返し聴いて、全部書き取る
  3. 耳で聞き取れない部分は頭で推理する
  4. どうしても分からない部分は空所に耳で拾った音をカタカナで書いておく
  5. 原文を開いて、比べてみる
  6. 原文なしで全文聞き取れるようになるまで繰り返し聴く

これ読んで、あー「英語は絶対、勉強するな」に似ているなーと思ったので、わたしもたいがいの英語学習法マニアかもしれません。
しかしこの方法、語学の4技能全てを向上させる、これにまさる王道はない勉強法だと思います。この勉強法ができるってのがもう一種の特殊才能です。

英語は絶対、勉強するな!―学校行かない・お金かけない・だけどペラペラ (サンマーク文庫)

英語は絶対、勉強するな!―学校行かない・お金かけない・だけどペラペラ (サンマーク文庫)

話す能力

ホームステイなどができない場合、「想像上の会話」が良いとしています。
これ読んで、あーラジオ英会話の大杉正明先生がそれやってたって言ってた気がするなーと思ったので、わたしもたいがいの(ry

英作文力
  1. 標準的な平易な英文(例としてハーンの「雪女」を挙げている)を何回も音読する
  2. 自分の力で翻訳する
  3. この日本文を、辞書を使ってもいいから可能な限りもとの英文に戻してみる
  4. 原文と比べる。この時、自分の英文でも良いではないかと頑張らず、素直に直すことがポイント

この方法と並行して、
文法事項などで分類した良い例文をよく勉強したうえで丸暗記する
ことを勧めています。

お勧めは、佐々木高政「和文英訳の修行」の最初にある「暗記用例文」だそうです。

和文英訳の修業

和文英訳の修業

書影が古風で素敵。手に入れて本棚に飾りたい。(勉強する気なし)
もう古本でしか売ってないし、今からこれはさすがにないなとは思います。今からやりたい場合は何が良いのやら。
この本のレビューに、「ロイヤル英文法についてくる300の例文が良い」とあったので、「ロイヤル英文法を検索したら、マーク・ピーターセン氏が英文校閲していることがわかりました。良い本なのでしょう。

そして懲りずにアフィリンク

ロイヤル英文法―徹底例解

ロイヤル英文法―徹底例解

読解力

自分の力に見合ったものをたくさん読むことを勧めています。特に原書を易しく書き直したretold版を勧めていて、いくつかの原文とretoldとの比較まで示しています。
知らぬ単語が1ページに5つ以上あったら避けることという選定の基準は、五本指テストですね。
あなたに最適な本を選ぶ「5本指テスト」と「ゴルディロックス・テスト」 読書猿Classic: between / beyond readers


語彙力

さらりと「多読中に出てきた単語を何度も書いて覚える」としていて、聴解力などの勉強法に比べて手薄な印象を受けました。

多読にお勧めの教材

上記のretold版のほか、

  • Dr.Schneider夫妻の英文雑誌「Mini-World」(詳細わからず)
  • 外国語の英訳本、特にアジアやヨーロッパの思想や文学、日本文学
  • 英米のベストセラー作家による小説
  • 児童文学の傑作。難しいこともあるが語彙は限られているので大人向けの純文学よりも読みこなせる
  • 在日英米人による平易なエッセイ
  • 対訳シリーズ。正確に読めているかどうか心もとないという人に
  • 「翻訳の世界」「時事英語研究」「現代英語教育」などの月刊誌では、新しい出版物を難易度付きで解説している(どれも廃刊?)
受験参考書の再利用

日本の英語教育はレベルが高い。特に英文法、英文解釈、和文英訳はネイティブが関心するほどのようです。
さきほどの「和文英訳の修行」のほかに、以下が挙げられていました。
改訂版がある「英文標準問題精講」だけはわたしもやった記憶があります。しかしそれでも1999年改訂。17年以上も前のものです。

高校卒業してから、書店の大学受験のコーナーには足を踏み入れていませんが、きっと現代の高校生に合ったわかりやすい参考書がたくさんあることでしょう。著者も「自分の知らない新しい良い本があるでしょう」というようなことを書かれていました。


よくわかる英文法

よくわかる英文法

1973年出版。書影がレトロで素敵です。

英文標準問題精講

英文標準問題精講

1999年の改訂版があります。いやちょっとこれ懐かしいですよ。わたしの時はたしか灰色の表紙でしたよ。やりました。でも全く中身覚えていません。

英文解釈法(オンデマンド版)

英文解釈法(オンデマンド版)

オンデマンド版がありました。

英文をいかに読むか

英文をいかに読むか

1959年出版の古本しか出てこない。完全に趣味の世界ですね。

英文法解説

英文法解説

1991年の改訂版があります。


続いて、正しい英文解釈のための指南を挙げているのですが、記事が長くなったので次回に回そうと思います。

人の子の親となりて

育児

家族である気安さからか、何度か実母へのモヤモヤをブログに吐露しています。

わたしが人のことを嫌いだと思った時は、その嫌いな部分というのが自分自身の嫌いな部分だったということが多いです。自分の親ともなるとその嫌いな部分というのがもう鏡のように自分を映していて、余計に嫌になるのだと思います。

わたしも40代になり、それなりに働いて、そのうえ驚くべきことですが人の子の親となり、すっかり母には対等にでもなったつもりになっていたのですが、甘えられる存在だとわかったうえで思ったことをぶつけてしまう、わたしはまだまだ子供のようです。

母の父母、わたしの祖父母ですが、洋装の写真が残っているようなモボ、モガでした。
女も職を持つべきという祖父母の考えのもと、集団就職の時代に大学を出た母。結構なお金持ちだったようです。
しかし結婚後は夫婦で貧乏生活を頑張っていたようです。夫婦で住んでいたという「船橋の家」はよく母の思い出話に登場します。

母の思い出話は話す側も聞く側もしょっちゅう横道にそれるので、こうして記事にしようとすると断片の寄せ集めのようになり、正確に再現されないとは思いますが、まあいいでしょう。

その思い出話には、「船橋の家は隙間風がひどかった」というフレーズが何度も登場することから、相当な貧乏生活だったようです。母の職場の敷地内にあり、2世帯が一緒に住んでいる長屋のような貸家だったようです。小遣いさん用の施設だったのかと聞いた時はそうではないとの答えでしたがよくわかりません。父はそこから成田の職場まで通っていたようです。わたしが苦手な京成線に両親が詳しい理由はこのためのようです。

そんな生活の中、昭和42年に兄が産まれました。兄は産休後すぐに預けられ、保育園には1年しか行っていないそうです。
母が兄を預けた先は、職場の同僚から紹介してもらった方で、近所に住んでいたとある女性。その方にずっと兄を預けていたそうです。
母曰く「当時育休なんてなかったし保育園もなかった」とのこと。保育園がなかったってことはないとは思うんですが、ファミサポでお世話になった方も「私の頃は保育園なんてなかった」と言っていたので、保育園に預けるには今とは違う障壁があったのかもしれません。
そんな中、今でいうファミサポのような仕組みが口コミで成り立っていたようです。母の思い出話で「船橋のおばさん」として登場するのですが、
母「あんた船橋のおばさんのこと覚えてないの?」
兄「全然覚えてないよ」
のやりとりが必ずあるので、わたしはずっと親戚か誰かだと思っていました。

兄の就学前に、しかし母は仕事を辞めてしまいます。数えると奨学金を返し終わったのかなあと思える年数でもあります。母の表向きの理由は、「夫婦であまりにも仕事を忙しくしていて、お父さんが『これでは家族ではない』が言ったから」というもっともらしいものですが、「本当はお父さんが自分の稼いだお金を全部好きに使っちゃって、お母さんの稼ぎで生活を回してたんだけど、それが嫌になっちゃったのよ」という「公言している内緒の理由」があります。ほっこりします。

関係ない話ですが、両親の昔話には「職員室に来た業者さん」という表現が出てきます。今では信じられないことですが、昔って職場に物売りが出入りして、高価なものも月賦で買えたみたいです。そういえばわたしが社会人になりたての頃でさえも、情報処理系の仕事だというのに、出向先に保険の勧誘だのヤクルトだの出入りしていましたが。それにしても月賦で買うような価格帯のアクセサリーを仕事中にほいほい買って、母にプレゼントしてしまう父には、母はほんとに脱力しただろうなと、想像するだけでほっこりします。

そうして母が高度成長期の終盤に専業主婦に収まった後、わたしが産まれました。
わたしは2年だけ幼稚園に通っていた典型的な専業主婦家庭の子供となったので、兄との育ち方の違いに今更ながらびっくりします。

そして時代が変わり、もはや専業主婦家庭など富裕層となってしまった現代ですが、わたしから見ると、70代の母は共働き家庭に深い理解があるように見えます。理解もなにも自分たちがそうだったんですけどね。

まず生後3カ月の娘をファミサポに預けることを反対しなかった。むしろよく行動した、よく見つけたとねぎらってくれたのです。
その時はあまりなんとも思っていなかったのですが、あるブロガーさんがお子さんの預け先に困っていた時、実母に「他人に子供の面倒を見させるなんてダメだ」と言われたという話を読んで、初めて「うちの母はわたしを批判しなかったのですごい」と思いいたりました。

母は70代なのに共働きに理解がある。社会制度を利用して他人に預けることを批判しない、現代的な考えを持っている、そうとらえました。
しかし、最近そのことを兄に話したら、兄は「本当はいろいろ言いたいところを我慢しているのでは」との感想でした。そうかもしれません。首の座らない乳児を他人に預けざるをえない状況を思って言葉を飲み込む母。それなら自分が面倒を見ると駆けつけたいのに駆けつけられない母。そこまでは思いいたっていなかったのです。

娘の母となった今、自分の母くらいには人間できあがってると思ったのですが、まだまだでした。
わたしはまだまだ母の娘です。どうかまだしばらく元気で見守って欲しいです。

だからつい先日、母がベビーシートなしで自動車に乗せようとしたときにわたしが怒って、そのくせ「絶対に事故らないで!!」と怒りながらも乗ってしまったのはわたしが悪いです。母にも娘にも、ごめんなさい。

5年後の自分へ

生活

5年後のわたしへ。
46歳のお誕生日おめでとう。そして旦那さんの完治おめでとう。

娘ちゃんはもうすぐ6歳、ということはこの次の春に小学生!?早いなあ。もうランドセルは買った?

わたしは何の仕事してるのかな。子供のお迎え時間と戦いながら出向してるのかな。あるいは安定した社内案件を確保できてるのかな。それとも・・・

余暇で作ったサービスが弊社の主力製品になってたり・・・
OSSのドキュメント翻訳を始めたらそっちの道で仕事が来たり・・・
娘のために作ったiOS知育アプリが世界的にヒットしたり・・・
・・・なんか恥ずかしくなって来たので妄想はここまでにする。

案外保育園落ち続けて結局専業主婦をやってたりして。それはそれで楽しい毎日かもしれないね。
どちらにしろ、今のわたしのような、ぐだぐだ生活とそこはかとない焦燥感が合わさった中途半端な気持ちではないことを祈ってる。

5年後は、楽しい40代前半を過ごしたと振り返っていることを目指して、今からの生活を歩んでいくよ。


明日からね。



はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

自己啓発書の原点?「嫌われる勇気」

読書

オーディオブックを聴きながら料理や洗い物をしています。
最初は無料お試しのAudibleFeBeに乗り換えてから最初の1冊は児童文学の「冒険者たち」、そして2冊目は、よく本屋で見かける「嫌われる勇気」を聴きました。

www.tawashix.com


たわしさんが紹介している通り、対話がちゃんと別々の朗読者なのでとても聞きやすいです。
ちなみに「冒険者たち」のたくさんの登場人物を一人で演じ分ける声優さんもすごいです。もちろんこちらは物語形式なので一人が朗読してくれるほうが聞きやすいのです。「源氏物語」で時々別の声優さんがセリフだけ言うのは、速度を上げていると特に聞きづらかったです。


家事をしながらオーディオブックを聴いただけだと、振り返るのがすごく難しいです。なのでこの読書感想文も、一度聞いただけの内容を思い出しながら書いているので、わたしのほかの読書記事以上に不正確であることを念のためお断りしておきます。


本の内容は、ある哲学者が「誰でも幸福になれる」と主張しており、それを聞きつけた青年が道場破りに行くというお話。青年のぶしつけな反論にも、哲学者は終始穏やかに語ります。

青年「ええい、あなたはサディストだ、悪魔のような方だ」
哲学者「ははは、あなたは面白いボキャブラリをお持ちですね」

こんな感じで手玉に取られて、毎回言いくるめられてしまいます。再び怒りを温めて訪れる青年。しかしまたもや言いくるめられの繰り返しです。
そしてついには哲学者に「あなたは大事な友達だ」と言われ、めちゃくちゃ動揺する青年。
なにこのツンデレ喜劇。
腐属性がほんの少しあるわたしは図らずもときめいてしまいました。にしても友達宣言のあと急激に青年が懐柔されてしまう様子はちょっとちょろ過ぎです。

本の前半では傾倒しかかった

このようにアドラー心理学の入門をわかりやすく教えてくれる本書、喜劇部分は置いておくとしても、わたしは前半くらいいまでは、すごく引き込まれて「アドラーやばい・・・」って思ってしまっていました。なんだかわたしが普段なんとなく思っていることと重なるのです。

  • 自分の今のライフスタイルは自分が選んできたもの(マッチョだなあとは思いますが)
  • 課題を分離し、他人の課題に首を突っ込むな
  • 人が生きる意味は存在しない(これは後半ですが)

(うーん、もっとあったと思うんだけど忘れてしまった・・・)

そして極め付けは、哲学者は「自分が好きかと聞かれて、好きだと答えられる人はなかなかいない」と言っていますが、わたしこれ「自分大好き」なんですw なんとなく思っているどころか、既にけっこう実践できているのか!?

たしか本の中でも触れられていたと思いますが、昔からある自己啓発書は、アドラー心理学を取り入れているそうです。「7つの習慣」を一読したことがありますが、「自立した個人であろう」というような主張が、アドラー心理学に共通するのかもと思いました。
これらの、「わたしの思ってることと同じだ」感は、実は斜に構えて読んでいたつもりの自己啓発書を知らないうちに自分に取り込んでいた結果なのかもしれません・・・?

解決していない問題がある

気になるのが怒りの種類の問題です。
「アドラー心理学では私憤と公憤(たぶんこの字が当たるんだと思う)を明確に分けている」と言っていますが、境界線をどうやって引くのでしょうか。そして私憤はコントロールできると説くわけですが、なら公憤はどうすれば良いのかは全く語っていません。
青年が図書館司書という設定なので、「給与の安い非正規雇用が大半と話題になったなあ」と思うと、青年の自己嫌悪すら社会問題に取り込めてしまえるかもしれません。
一方で、哲学を語るために哲学者宅に訪問する時間的心理的余裕が羨ましいと思うIT産業従事者の労働環境については社会問題にしてもいいでしょうか??

・・・と、悩みたくないわたしなら何でも公憤に振り分けて悩み自体を放棄してしまいがちですが、本書ではかなり私憤寄りに倒して解決していこうとするふしを感じました。
これって、「日常に侵入する自己啓発」で指摘されていた自己啓発書の問題点:「何でもかんでも自分で解決できるとあおりながら、一方で手に負えないような問題は、あっさりと目をつぶる」の原点(あるいは誤解されている点)なのかもしれません。

わかりやすい未解決問題としてもうひとつは協同体の話です。
共同体の中に宇宙だの過去や未来だのも含まれるようで、それを聞かされた青年は「わけがわからない」「まるで新興宗教」とまで言うし、この怪しさについてはもうすこしすっきりさせてほしいと思うのですが、これ以上触れないまま、怪しさ全開の理屈が展開されてこの本が終わってしまいます。
いわく、「共同体の中で人の役に立とうと努め、過去も未来も気にせず今現在に生きれば、たちどころに幸せになる」というものです。
オーディオブックで一度聞いただけのわたしのこの本の結論はこれでした。
おい青年ここにこそ突っ込めよと思うのですが、哲学者に友達と宣言されてからこっち、最初の勢いは全くなく、もう哲学者にひざまずいて教えを乞うている姿勢なのです。
青年「わたしにも・・・できるのでしょうか・・・?」(目を輝かせる擬音が聞こえてきそう)

現在に集中せよというたとえで、スポットライトが登場します。現在に強烈にスポットライトが当たっていれば過去にも未来にもとらわれないはず。うすらぼんやりとした光しか当てていないから周囲が見えてしまうのだということですが、普通に目くらましをうけています。お疲れ様でした。

前半でおおおっと期待したわたしはすごくがっかりしてしまいました。
しかしこの本は対話形式の入門書。きちんと他の本も読めばもっとすっきりするのかも・・・?と思っていますが、そういうのが自己啓発書マニアへの第一歩なのかもしれません。恐ろしい恐ろしい。

「課題の分離」についてはうなずけるので、参考にしたい

自分の考えに近いとして挙げた「課題の分離」、これはたとえ相手が子供でも、相手の問題に口を挟むのは控えるべきだとしています。
普段の生活から進路選択に至るまで、子の課題だからと指図するのを控え、アドバイスにとどめるというのはとても難しいことのように思います。しかしそれができれば、すごい理想的な親子像である気がします。
対人関係を築くのが苦手なわたしなので、娘と良い親子関係を築くべく、心に留めておきたいと思います。

インターホンを取り換えました

買い物

我が家は通話のみができるインターホンでした。
ここ数日、チャイムが聞こえなくなってきたので、旦那さんがその度に何やら調整してくれていましたが、今回買い替えてしまいました。

パナソニック(Panasonic) テレビドアホン VL-SV26KL-W

パナソニック(Panasonic) テレビドアホン VL-SV26KL-W

画像付きです!

旦那さんは「Amazonすごいな何でもある」と感嘆しておりました。
今までのインターホンは20年くらい前に旦那さんが取り付けたそうです。
今回も取り付けてくれました。ありがとう電気工事士さん。



古いインターホンを取り外し中。


取り外した古いやつ。


新しいやつ(屋内)


新しいやつ(屋外)

電話のように受話器を取りあげる方式から、通話ボタンを押すだけの方式になりました。
何だか急に築浅のマンションに住んでいる気分になってますw
この先、昼間に家を空けがちな生活に戻れば、留守時訪問者を自動録画してくれる機能が役に立ちそうです。

取り付け位置の調整や使い方の練習をするために、お互い玄関先に立ったりモニタを見たりしました。
そしてひとつわかったのが、わたしはこういうカメラにいつも顔を近づけ過ぎのようですw
わざわざ腰をかがめて、口をマイクに近づけてました。そんなことしなくても音は充分拾われるし、第一顔が近い!
こんなことでインターホンに不慣れな非リア充を露呈していたとは想定外でした。
これからは気をつけます。