読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

育休明けの勇気が欲しい。「朝2時起きで、なんでもできる!」を読んだ

読書 英語

朝2時起きで、なんでもできる!

朝2時起きで、なんでもできる!

図書館で借りました。文庫本の語学の棚にあり、語学なのに自己啓発!?と思って手に取ったのがきっかけです。著者は同時通訳者で、結婚後に子育てをしながら通訳の勉強を始めた、その経緯を書いた本でした。育休明けに生活を回せるか、かなり不安に思っているから勇気が欲しかったののかもしれません、借りてしまいました。タイトルで相当あおっていますが、内容はエッセイとして読むにはなかなか悪くないものでした。
ちなみにタイトルのからくりは、子供を寝かしつけながら夜8時に一緒に寝てしまい、午前2時にひとりで起きて朝まで勉強や仕事をする生活習慣を著者が行っていたということです。最近「寝かしつけの時自分も眠くなって困る」という内容の育児ブログも読んだので、人によってはちょっとしたコロンブスの卵になるかもしれません。
何かに困った時に、思い切った、そして常識外れともいえる生活習慣の変更が打開してくれる可能性もあるということは覚えておきたいです。

さて内容。節のタイトルを拾ってみると、「フツーの主婦が、「同時通訳」を目指す」なんて文言もあり、「東大卒は普通ではない」という突っ込み待ちかなあとのんびり考えてしまいます。
朝2時起きをする前は「12時過ぎに寝て7時ごろ起きる、ごくふつうの夜型人間」だったそうで。いやいやきちんとしすぎ。今わたしはきちんとした生活を心がけて心がけてやっとその生活なのに。
しかし昨今の格差社会の話などをネットで読んでいると、この方は本気で自分は普通の環境にいる普通の主婦だと思っているんだろうなあと思い直しました。
本当にすごい環境なんです。読書ノートに書かなかったので表現は忘れましたが、就職もなんだか思いつきの自己実現の手段だったようです。そして同時通訳の勉強を始めた理由が、旦那さん(どうやらITの技術者)がアメリカへ社会人留学するのに同行するから、英語をものにしよう、どうせやるなら同時通訳、と思ったそうですが、旦那さんが会社から留学!帯同できる!住んでいるアパートが「大学院生用の家族寮」!?というまるで想像したことのなかった世界でした。

「脚がたくさんある椅子は倒れにくい」と題した節にはこう書いています。

ひとつしかないものを「守る」ことは、実はとても大きなエネルギーを必要とします。何かを一生懸命守ろうとして、外から見ていると不思議なほど大きなエネルギーを使って苦労している人に出会ったことがありませんか?「守るためのエネルギー」が大きくなりすぎて、ほかにエネルギーが回せなくなると、動けなくなってしまいます。
椅子の脚を自分の気持ちと努力で増やせば、守るためでなく「やりたいこと」にエネルギーの100%を注ぐことができます。本当に守るべきことにエネルギーをとっておくことができます。そして何より、自分自身がラクです。

何ですかね。今更「東大卒」だの「自己実現のために就職」だの「旦那の留学」だのといったワードには無駄な嫉妬心で心をかき乱されないつもりでいたのですが、この表現にはなんだか切ない気持ちでいっぱいになりました。不器用で苦労している人を見ると「不思議」なのか。気持ちと努力で手札って増やせるのか。守ることとやりたいことの2つはエネルギーを割り振るときに同等の選択肢になるのか。
これがもし、別の「目的と手段を取り違えない」という節で、「目的に達するまでの方法を一つと決めて、それしかないと思うとうまくいかなかったときに辛い。どんどん方法を変えよう」と言っている時に出てくるのなら、斜に構えずに読めたのかもしれません。

こんな素晴らしい環境で生活している著者。駐在妻よろしく優雅で怠惰な生活を送ってもいいところ(わたしなら絶対そうする)を、決死の覚悟で英語の勉強をするなんて、相当な努力家であろうことは確かです。そしてこの方の前向きな性格やどんどん行動に移すところなど、環境がいいからだと決めてくさす人には及ばない、素晴らしい人なんだろうなと思います。

努力の人であることが垣間見えてくると、煽ってるのか?突っ込み待ちか?などのあまのじゃくな気持ちが消えてきて、関心してきます。

どうやって英語が聞こえるようになるのか、人によって違うのでしょうが、私の場合は「気がつかないほどの薄皮を剥ぐように、少しずつ、少しずつ」という感じだったようです。

英語にしろ、バイオリンにしろ、わたしは長年憧れて取り組んでいるというのに一向にだめなのですが、この感覚はすごく共感してしまいました。誰しも、何にしても、そうですよね。そして成果が実感できなくていつしかやめてしまう。わたしたちは、ある日突然英語がペラペラになったり、バイオリンが美しく弾けたりすることをあまりにも夢想してしまうのです。

目標を決めてそこに向かって努力する方法「ビジョニング」と「マネジメントシステム」

来ました手帳ノート系の自己啓発。この分野大好きなんです。こういう話が大好きでよく読むのに、わたしの夢は一向に実現しないのはなぜなんでしょうか!!

ビジョニングというのは、自分の目標を究極の姿(=ビジョン)として描くことです。できるだけまざまざと思い描くことがコツだそうです。自分の腑に落ちている度合い(どれだけ納得しているか)が係数になって目標に向かうパワーが決まるようです。ふむふむ。
それから、ある程度時間枠を考えることも必要だそうです。「いつまでに」ということを考える。ふむふむ、手帳術でありがちなお話ですね。

今まで読んだことのないポイントも出てきました。それが「人には言わないこと」。大抵、周囲に宣言して強制力を出しましょうという話になるので、ちょっと意外でした。いわく、他人に話すとガス=勢いが抜けてしまうから、ということのようです。

そしてマネジメントシステム。
これもそこらへんに転がっていそうな手帳術の雰囲気があるワードですが、あせらず、くさらず、たゆまず進めるしくみ、と説明されていて、継続が大事ということを印象付ける良い導入でした。
ポイントは3つあがっています。ひとつは、「自分で自分にリズムを作る」。3ヵ月を1学期として、ノートに目標や自己評価をつけていたそうですが、これで軌道修正や中だるみを防いでいたそうです。ノートをつけることで、ふたつめのポイント、「どんなに小さくても進歩が見えれば挫折しない」ということに役立つそうです。

毎学期、最初に少し時間をとって、「何を」「どうやって」勉強するかを考え、「目標」と「活動(具体的に取り組む内容)」をノートに記録しました。

勉強ではなく、生活を良くしたいと思っている場合でも、これは良いかもしれません。たとえ数か月後には忘れてしまっても毎年新年は気持ちが切り替わってその年の目標とか立てたくなるものなので、そんな機会を年4回も設ければ、目標を達成する可能性は高まりそうです。
3つめのポイントは、「目的と手段を取り違えない」ということ。「このルートしかない!」と思うと、うまくいかなかったときにつらくなる。だから、ゴールに達するためのオプションをできるだけ用意すること、それに選んだ方法でだめなら、自分を責めずに方法を変えること。この「自分を責めずに」次に行ってみようーってのは心強い話です。そして、方法を変えるにもいきあたりばったりではなく、ノートに記録して次につなげるのが良いとのことです。

いいですねマネジメントシステム。ノート好きとしては大満足のお話でした。

その他メモした小技
  • 忘れた単語が戻ってくるシステム

英単語の復習のタイミングを工夫する。前日、3日前、5日前、7日前、2週間前に覚えた単語を取り出して復習し、英日、日英ができなければループする。しかし著者本人は「一年経つころには200も300も単語が出て来てウンザリ」だったそうで、努力の人でも1年が限度のよう。

  • やめるのはだめ

同じページを繰り返し学習して気分を良くするといったやり方を紹介したあと、

自分でもわかっている子どもだましですが、こうやって自分のご機嫌をとったりなだめたりしながら、なんとか続けられる方法で続けるようにしました。やめてしまっては、絶対にそこから進めません。それだけはたしかですから。

  • 「先生」を買って出る

自室にこもってばかりでなく、YWCAで講師を買って出たりしていたらしい。IT技術者は自分から何かを発表する機会を得ようと思えばいくらでも得られることは百も承知ですが、わたしは絶対にやりたくない。。

  • 「要領がいい」の定義

同じ時間でも集中度によってできる仕事の量は大きく変わる。[できる仕事の量]=[時間]×[集中度]。何が必要なのかをできるだけ早く見分け、そのために何をすべきかを判断し、集中して実行することを「要領がいい」という。

閉じた自己啓発は心地良い

自己啓発書を社会学的に分析した本「日常に侵入する自己啓発」では、社会問題、労働問題を度外視して過剰に自己責任を煽ることが問題と指摘していて、この本も、悪意はないにしろすっぽりとあてはまってしまうと感じます。
わたしは無意識にも、仕事として通訳をしている時の時間管理法は飛ばし読みをし、家事と育児を適当にこなしつつ英語の勉強をしていた時の話を熱心にメモしていました。仕事や人生観が引き合いにされる舞台で自己啓発を語られると抵抗感があるのに、そうではない、自分だけの世界に閉じることができれば、その中での自己啓発はとても心地が良いようです。
役に立つまでに至っていない語学や楽器など、完全に自己満足の世界です。
しかし、たとえ「薄皮を剥ぐような」成果であっても、閉じた世界の中で努力したことは、振り分けられた環境や社会問題、あるいは評価する側の資質といった理不尽な要因での評価にさらされた場合と違って、決して自分を裏切らない、そんな期待があるのだと思います。

これから立ち向かう、育児と仕事との両立という課題に不安がつのっているのは、自分だけの世界、自分だけの時間が少なくなることへの不安が大きいんだろうなあ、逆に今まで贅沢な時間の使い方していたんだなと思っています。

4月から保育園に通えそうです

育児 生活

娘が1歳を過ぎました。
誕生日には赤ちゃん用のホットケーキを焼いて、イチゴを載せてバースデーケーキっぽくしたのを、家族3人で分けて食べました。
それ以外には特にバースデーパーティーっぽいことはしていないのですが、年々豪華になっていくことでしょう。



f:id:Aodrey:20170130085153p:plain:w320
あちこち指さしをする娘。ドーン。

さて、11月に申し込んだ来年度の保育所利用申請、なんと通ってしまいました!
希望者が少ないかもと予想した所を希望順位の高いほうに書いたのが勝因かなと思います。もちろんきちんと見学して安心して預けられると思っているところでもあるのですが。

3歳までではありますが、無理なく通えそうな距離で、フルタイムで預けられることになったので、ほっとしています。
保育料の区分も決定したのですが、安心したことに、非認可に預けるよりもずっと安い料金になりました。国保よりも安いですw

保育所が決まる前の週に、4月復帰に向けて出向先候補の面談に行きました。娘はファミサポにお願いし、新調したスーツで挑みました。あまり自信がなかったのですが、営業さんの評では好印象だったよと言ってもらえました。
預け先が決まってもいないのに、復帰を想定して出向先を探してくれた会社も、それを分かったうえで面談してくれた出向先の会社も、そして面談のために預かってくれたファミサポのご家庭も、みんなわたしたち家族を助けてくれているんだなと思うと、ありがたいです。そして、自分に自信がないからか、そんなことがすごく意外で、申し訳ない気持ちにもなります。

三食おやつ昼寝ネットゲーム三昧の専業主婦生活も残りあと2ヵ月かと思うと、ほんの少し、いやかなり?淋しいのですが。
赤字家計も解消されそうだし、たった1年の中断でまた働けそうだし、本当にほっとしたのも事実。
今年の春はまた大きく生活が変化しそうですが、気合入れて楽しくやっていこうと思います。

今更ながら、今年の目標

英語 生活

年が明けてもう半月が経ってしまいましたが、今年の目標をまだきちんと立てきれていませんでした。
去年1年間会社勤めというものを全くしてこなかったというのに、あれをやりたいこれをやりたいという野望が全く果たせなかったことで、目標を立てること自体に慎重になってしまっている面があります。

でもあやふやなままでいると、本当に何もしないまま時間だけが過ぎてしまいそうです。
ぼんやりとした生活になりきってしまう。
達成できなくてもいいじゃないと自分に言い聞かせ、ここに明文化しておくことにします。

朝きちんと起きる

病気治療のために一貫して毎日きちんと同じ時間に起きている旦那さんの横で、頑張って同じ時間に起きることもあればそのまま2~3時間余計に寝ることもあるわたし。旦那さんは育児のためにもたっぷり寝たほうがいいと許してくれちゃっているけど、毎日同じ時間に起きた方が良いに決まっています。予定があろうとなかろうと、毎日きちんと早起きすることを習慣化したいです。

おいしくて栄養バランスに配慮した食事を効率的に作る

これは既にわたしなりにやっているつもりなので、引き続きがんばります。時々さぼってオリジン弁当を買ってくることの頻度を下げたいです。
去年の年初から始め、秋まで続いて一冊書き終えたレシピノート、2冊目をどう書いていこうか迷っているうちに数か月経ってしまいました。するとどういうわけか、新しいレシピに挑戦する頻度自体が減ってしまったように感じます。また1冊目と同じようにひたすら作る料理を書いておくシンプル運用をしてみるのが良いかもしれません。

バイオリンの練習をする

去年は全く触っていなかったバイオリン。今年に入ってからは、毎日とはいかないまでも、一日30分、バイオリンを触っています。
習っていた頃は鈴木教則本の5巻まで進んでいたのですが、ゆっくりでつまづきながらでもおまけでマルをもらっていた感じでした。なので無理に先に行かず、飛び級していた2巻を弾いています。
もし仕事に復帰できたら、できればまたバイオリンを習いたいです。

娘に絵本を読んでやる

時々一緒にめくって楽しんではいますし、たぶん毎日やっているとは思いますが、必ず一冊通して読んでやるという感じではないので、もう少し意識的にしてやりたいと思っています。

プログラミングをする

去年はほとんどやっていなかったことです。せっかくSwiftの本を買って半分くらい進めたので、最後までやり通して基本を網羅し、自分の作りたいものを設計できるくらいになりたいです。

読書をする

積読の山を崩し、図書館から借りることを習慣化し、そして英語の本ももっと読みたいです。
年末にfuluでハリーポッターの映画を全部見ました。原作は4巻までは英語で読んでいたのですが、5巻からはいよいよ難しくなって途中までしか読んでいません。なので最後は映画でしかストーリーを知らない状態でした。(ちなみに映画は吹き替えで見ています)
なので、よくわからない部分が多くて。登場人物把握しきれていないし、ダンブルドアに狡猾な面があったという話、ジェイムズがいじめっ子だったという話、どちらもショックでした。なので本を読んでもっと詳しい背景を知りたいとも思います。
ハリーポッターの読破、これも今年の目標かな。


英語については、昨年秋ごろに「プログラマが知るべき97のこと」の原文訳書を交互にノートに写すという、あまり意味があるとも思えないことを試していましたが、やはり2章ほど写し終えたところでやめてしまいました。期間としては1日15分×2週間くらいで、1回の作業としては負担には思わなかったので、もう少し意義のあることに同じ時間を当てれば、きっと長続きすると思います。
これにハリーポッターの読破を当てることもできますし、技術関連の英文の翻訳にチャレンジするようなことも妄想しています。


今年の目標、挙げてみましたが、これ全部頭に「毎日」をつけたいです。良い習慣を身につけたり、毎日ちょっとでも継続したりすることで、1年後に振り返った時、あれ、意外と成長してる!って思えるようになりたいです。

台所の掲示物

買い物 生活

たまに来てくれたお客さんでも、ちょっとした台所仕事を手伝ってくれることがあります。
もともと台所仕事は好きではない上、乳児がいることを言い訳に、洗い物など申し出てくれたらもう全く遠慮せずにお願い!って言います。

その時にごく最低限の台所運用の引き継ぎが必要です。特に必ず聞かれるのが、ゴミ箱の分別布巾の使い分けです。

わたしは2度の引っ越しを共にして来たゴミ箱を2つ持っており、住んでいる場所ごとに分け方を変えて来たので、わたし自身も今試している分け方を忘れたりしますw
なのでゴミ箱には分別シールを作って貼っています。

汚くてすみません。10年以上使っている無印良品のゴミ箱ですが、特に気に入っているというわけではなく、古いゴミ箱の処分が面倒なだけです。
シールの元ネタは、こちらのサイトから拝借しています。
画像が大きくて取り回ししやすいし、色も綺麗です。
blogs.yahoo.co.jp


布巾についても主婦になるまではいいかげんなものでしたが、ここ1年は無印良品の「落ちワタふきん」を、フチの色で使い分けています。
www.muji.net


白は洗い終わった食器の水気を拭いたり、豆腐の水切り、茶わん蒸しを作るときに鍋蓋を包んだりといった、いちばん綺麗な布だよねって用途に使っています。
赤は一歩進んで、台布巾です。そして青はシンクやコンロ周りを拭く、かなり汚れる前提の用途です。ちょっと床を汚してしまった時も使ってしまっています。

1年間この運用で来て、青はもうすっかり茶色になってしまったので、いいかげん新しくします。
次回無印良品のお店に行ったら(日吉なので遠い)、新しいものを買ってこようと思います。そして、赤を青用途に、白を赤用途に格下げして、新しい青を白用途にするのです。
そういうローテーションにすると、自分でも「いまはなんだっけ?」と忘れてしまいそうなので、やはり掲示物を作り直して貼っておこうと思います。


自分メモのためにもpdfを置いておきます。
http://d.hatena.ne.jp/Aodrey/files/fukin.pdf

明治ステップのスプーンは、ほほえみの倍の量

育児

娘は順調に進んでいる離乳食、母乳、そして粉ミルクとフルコースの食事をしています。まだ11ヶ月ですが、ミルクを買うタイミングになったので、栄養サポートミルクというものに切り替えてみました。

明治 ほほえみ 800g明治 ステップ 820g


産院では明治の「ほほえみ」という粉ミルクでした。一週間健診時に先生から大丈夫だろうとの判断をいただいて、完全母乳にしましたが、4ヶ月健診あたりで子の体重が減ってしまうという事態になり、粉ミルクを足すことになりました。それ以降、離乳食を始めてもずっと「ほほえみ」を飲み続けていました。

栄養サポートミルク、いわゆるフォローアップミルクは1歳以降に飲むもののようですが、離乳食が日に3回になる9ヵ月頃から飲み始めても良いようです。
うちは離乳食順調だし、母乳も飲んでいるしということで、「ステップ」に切り替えてみることにしました。

いつものドラッグストアに行くと、「ほほえみ」は1,800円ほどなのに対し、「ステップ」は1,400円ほど。安い。そして表示を見てみたら、「スプーン一杯で40cc」という記載。「ほほえみ」は付属のスプーン1杯で20ccだったので、更に倍長持ちするのか!と早とちりしてしまいました。スプーン1杯のグラム数を見てわかる通り、スプーンが大きいだけです。

特に新生児の頃など、20cc単位での細かな出来上がり量の調整ができるというのは便利です。でもほんの数か月で必要量がだいぶ増えてきます。200cc作りたいと言ってスプーンで粉をすりきりながら1杯、2杯...とやっていると、今何杯だかわからなくなりがちです。(わたしだけ?)

スプーン1杯が40ccなら、キューブタイプの1個分と同じだし、「ほほえみ」でも「ステップ」のスプーンのほうが便利って人は多いんじゃないでしょうか。
「ステップ」のスプーンが正確に「ほほえみ」の倍なのかわからないですが、このこと知ってたらもっと早く「ステップ」を入手してスプーンを流用してたかも。いやしかし開封後は1ヵ月で使い切らないといけないし・・・やっぱり難しいかな。