Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

絵を描き始めた...かもな話。

ネットゲームのほうが夢中なので、まだほとんど時間をかけていません。
ネットゲーム内で時間が過ぎるのを待ちながら(ある時間にならないと買えないアイテムがあるので)、鉛筆十数本を削りました。

なつかしい感覚。
心を落ち着かせる効果すら感じます。
描いている途中ならいい息抜きになります。

あと練りケシを練り練りしたりもいい息抜きです。

かつて絵画教室に通っていたとき、先生に唯一ってくらいで本気で褒められたのは、鉛筆の削り方でした。
かなりキレイに削れているそうです。。。
絵を褒めて欲しかった....。

ちなみに褒められた絵はわたしの記憶の限り、1枚だけです。
その褒められ方も、「やっと美大への可能性が見えたかな」というレベル。
(当時わたしは美大に行きたかったのですが、箸にも棒にもかからなかったのです。黒歴史)

さて、今回スケッチブックの1ページ目に描き始めたのが徳田さん(バイオリンの名前)です。
まだ途中ですが。

スケッチブックと一緒に買ったクロッキー帳は、いつも持ち歩いて、電車の中や会議中wに他人を勝手に素描。
これは楽しい。やめられないです。

電車の中の人は、一駅1人を目標に素描します。
そうじゃないとどうせ動かれてしまうので。
本を読んでいる人は動かないのでありがたいです。
会議中は眠っている人がターゲットです(笑)。

ついでにメモなどもクロッキー帳に書いちゃってます。
っていうか持ち歩くノートはこれだけだいいって勢いです。
去年の年末からモレスキンの高級メモ帳を使っていたのに、価格レベルとしてはどーんと下がってます。

スケジュール帳、小さいのに買い換えようかな。今なら安いし。

なぜ突然絵を再開したのか。
きっかけはあります。
でもどうしてそこまでなのか、わたし自身もわけがわかりません。