読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

最近買った本

話題の「A型自分の説明書」を購入してしまいました。

おもしろいです。どのページを開いても笑っちゃいます。
身近なA型の人を連想して大笑い。

そしてロイヤル氏が横で気にする気にするw
「O型が出たら横で読んで笑ってやる」と宣言されてます;


友人に薦められていて、昨日やっと見つけました。
貴志祐介「青の炎」。

これ、アキバのBOOKOFFで、100円で購入しました。
今、通勤経路をいろいろ開拓しています。で、
昨日初めてアキバにブックオフがあることを発見しました(笑)

やったーー気軽に本が売れるーーー!

まだ読み始めたばかりなのですが、文が翻訳的ではないからか、
どんどん読めます。
...なんて思っているのは、早い段階で
「ハイペリオン」が読み進まなくなったままだからです。
まだ話が始まってもいないのに、なんですかあの文体のつまらなさは(汗

やっぱ小説は日本人作家に限るのかなーと思ったのですが、そういえば、
わたしの愛読書は「ウォーターシップダウンのうさぎたち」でした。
これはイギリスのお話です。
昔の文芸的な小説なら、翻訳も上手なのでしょうか。

「ナルニア」と同じように、「ハイペリオン」がもし映画化されたら、
おもしろく思えるのかもしれません。
映像の力は絶大。
「カラマーゾフの兄弟」も、上手に美男子アニメにでもしてくれれば
キャラ萌えで最後までいけそうです。おかわりいけるかもw

あーでも、ウォーターシップダウンは、
映画よりも小説のほうが断然面白いです。
この違いはなんだろう??