Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

自動給餌機が届きました。が!

日中お留守番をしているちーも、お昼ゴハンが食べれるようにと、自動給餌機をAmazonから購入しました。
Amazonで検索すると数種類ある犬猫用の自動給餌機ですが、キャンディポットっぽくてかわいいと思ったこれを購入。


自動給餌器 ビストロ NEW


さすが外国製、見た目はいいのですが製品的にはちょっと・・・って感じなのがまず残念なところでした。
カリカリを入れる、透明プラスチックの部分がなんだか薄くてこころもとなく、口の部分がプラスチック切り出しといった感じで、下手をすると手を切りそうです。
ふたをしてしまえば大丈夫で、どっしりとした安定感からちーが蓋の上に載ったり透明部分をかじりだしたりしても、とりあえずびくともしていません。
朝・昼・晩と一日3回の食事を分単位で設定でき、量も80ccから数段階で設定できます。
操作方法が独特でしたが試行錯誤すればどうにかなります。ボタンを少なく設計するって難しいですね。
時間はデジタル時計で分単位で設定できる細かさなのに、量はかなりアバウトです。カリカリが出てくるところにプラスチックの羽があって、時間が来ると回るようなのですが、最初に試運転したときは、羽にフードが全く絡まっていなかったためか、ほんの数粒しか出てこなかったので笑えました。次に3段階くらい多くして試運転してみたら、今度はたっぷり羽にからまった分もあってか、ザザーッザザーッザザーッとたっぷり3日分くらい出てきてしまい、早速食べようとするちーを押さえながら爆笑。
結局一番少ない量でなら、おおよそ1日の1/3だろうと予測して、最小を3回に設定。


これはいいぞ〜!と思っていたのですが、
早速夕飯がざざっと出てきたあとに、事件が起こりました。


ちーちゃん賢い!!と喜んでiPhoneで撮影、あまつさえYouTubeにまで投稿してしまった親バカです。
でもやっぱり・・・好きなだけ食べれてしまうとなるとちょっと困ります::
ひとまず、口のところに割り箸でつっかえ棒をして、手を入れられなくしてみました。
つまみ食いはできなくなりましたが、本来の用途である自動給餌もあきらめるしかないかな。。。