Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

データベーススペシャリスト試験まで1か月を切りました。

でも勉強のほうは遅々として進んでません。せっかく午前1免除の恩恵があるのに!


問題集をいきなり解く戦法に出ています。
問題を読み、頭の中で解いてすぐに解答と解説を読んでいます。
・・・というのが理想ですが、実際はテキスト系をまったく読んでいないため、知らないことは全くわかない。なので問題を見て、よほど自信がないかぎり自分で解かずに速攻で解答を見に行っちゃってます。


でも問題集が分野別に順ぐりに並んでいるため、この方法でも効率よく知識が蓄えられつつある、と妄想しております。
本当は休みの日などにまとめてどっと進めていれば、通勤電車などでは軽く復習するだけで良くて、ずいぶん楽だと思うんですが、わたしのこと、休日はがっつり遊んでいるため、そういうわけにはいきません(笑
せめて通勤電車の中だけでも続けようと思い、往復たった30分の時間ですが、問題集を読み続けてきました。


まだ午前2なのですが、100問以上ある問題をもうすぐひととおり読み終えます。
たった1日30分でも、続けていれば必ずゴールできるんだなあと嬉しくなったところ、それで気が緩んだのか、この1週間ほどは電車内でついぼんやりと過ごしてしまうのです。


ただでさえ亀の歩みなのに、これではとうてい一通りすら読み終えられません。これではいけないと思うのですが、習慣はすぐに楽なほうに落ち、なかなか戻れないものです。


そこで、せめてもっと手軽に読めるように、厚くて重たい問題集を、章ごとに切ってみることにしました。

カッターで背表紙を切るだけです。



こうして出来上がった午前2のセット。解答は巻末なので、どうしても分かれてしまいます。


ちなみに、カッターを斜めにあてがってしまうと、ページが切れてしまうので注意です。

ぶきっちょさんの例。


さあ、ふたたび亀の歩みを取り戻すことができるのか!そこそこがんばってみます。