読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

レッスン6回目


ちょっと久しぶり感のあるレッスンです。


E線を自力で変えたので状態をチェックしてもらいました。綺麗に張れていると言ってもらえました。
松脂がべたっとこびりついている気がしてかなり拭いたこと、今自分が下手な理由はこびりついた松脂のせいだと思っていることもお話しましたが、きれいに拭けていて大丈夫とのお墨付きをもらってしまいました。松脂のせいにできなくなった!(笑)


そしてベートーベンのメヌエットト長調ですが、発表会で同じ曲を弾く小さい子がいるそうです。
先生じしんは被っても問題ないと思ってらっしゃるようですが、どう?嫌だ?と聞いてくださいました。


スズキからの曲はやっぱり人気があるようです。なるべくばらけるようにしてくださったようですが、仕方ないですね。


嫌じゃないんですけど・・・と言いつつ、わたしはなぜかスズキの3巻を手に取りました。


ほんとは・・・いやだああああ!!被るのだけは避けたい〜〜〜〜!!!

ちっちゃい子がわたしの前に上手に弾いちゃったら、次に弾くのが恥ずかしいじゃないですか。
いまさら何を充分恥だとか自分でつっこめるわけですが。


単に動画サイトなんかでも、ちっちゃい子が上手に弾いているのを見ると、すごいなって気持ちと同時になぜかすこーーし落ち込むんですよ。ジェラシーでしょうか。


実際以前に出たバイオリン発表会でも、ちっちゃい子がとてつもなく上手に弾いて拍手喝采だったのですが、次に偶然大人の人が同じ曲を弾く羽目になってしまって。わたしでなかったのは幸いと思いました。その時のご本人がどう感じたかはわかりませんが、自分だったらかなりめげていたと思います(笑)


で、今回の選曲ですが、スズキの3巻手にして、「それならおもいきってもうちょっと難しい曲に挑戦したいです」と言ってみました。


実はもっとどんどん曲を進みたいと思っているのですが、自分から言いだすもんじゃないと黙ってたんです。でも今回は積極的に行ってみました。
先生はそれならと3巻をめくって・・・1曲目のガボットはどう?と提案してくださいました。


テンポ遅めだし楽しい曲だし、全然イイ!と思いまして。
試しにこの日はセヴシックなしですぐに音とりにとりかかり、いけそうだということになりました。


3巻最後の重音がでてくるやつは・・・さすがに無理なようです。(ずうずうしい)


今日のレッスンメモ

  • ト長調の音階
    • 下がってくるときに低くなりがちなので注意
  • バッハのメヌエット
    • 3拍子の踊りの曲だってことを意識して、ゆったりと弾むように。強弱やクレシェンドを意識すること。意識するだけで音は変わってきます。
  • マルティーニのガボット
    • いきなり楽譜を見ながら弾きました。楽譜を読むのは苦手で、じっくり見ないと音がわからないので、なかなか大変で冷や汗ものでしたが、つっかかるとすぐに先生が見本を弾いてくださったのでなんとか2回通して弾くことができました。これならいけそう!


次回のレッスンは来週で詰まってはいますが、やる気満々なのでなるべく完成させていこうと思います。


発表会までに別のホールでですが2回もリハーサルをしてもらえるようです。
2か月も先ですがレッスンがあまりないことを考えるとのんびりしていられません!