Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

MacBookを買いました

先週の祝日に、MacBookを買ってしまいました!
今、やっと新しいMacBookから書き込んでいます。
型落ちではない中で最も安かったやつで、しかもメモリ増設はしてません。
f:id:Aodrey:20101103175726j:image:w320


メモリ増設については、本体買うときに絶対したほうがいいというアドバイスと、意外と間に合うから不要という意見とをもらったので、ちょっと迷ったのですが、2Gのままで行くことに。いろいろ平行して動作させたり、ましてやWindowsを動かすわけではないので、とりあえず間に合うかな、と判断しました。


f:id:Aodrey:20101107094102p:image:w320


実はOS10には一度深い挫折をしたことがあるのです。


わたしの最初のパソコンは、Performaというシリーズでした。漢字Talk7.5を、初心者なりに楽しんで使いこなしていました。インターネットが流行だしたその頃に、パソコンを買ってハマった割には、Wiindows95はほとんど触ったことがありません。


ところが就職して職場がWin一色だったことをきっかけに、いつのまにかわたし自身もすっかりWindows側になってしまいました。
一度、やっぱり自宅ではMacをいじりたいと思い立ち、OS10.1くらい?の頃にPowerBookを購入してしまいました。
初めて見るアルミボディが強烈にかっこいいと思ったのです。
なんと20万円。
今から思えばインテルマックになる直前で、タイミングも悪かったと思います。


さて、数年ぶりのMacにわくわくして挑んだはずなのですが、あっけなく挫折してしまいました。新しいOSはあまりにも使い勝手が違うと感じた上、既に毎日使っているXP(デスクトップ)はスイッチオンだけですぐに使える一方、Macのほうは袋から取り出し、電源コードやマウスを接続してからの起動となると、どうしてもXPに流れてしまいます。
貯金を激しく切り崩したというのに、Macのほうは全くいじらない状態となってしまいました。


5年近く経過したのでしょうか、時代はiPhoneiPadとなって、我が社もMacでの開発に乗り出そうと舵をきりだしました。
基本操作もままならないまま開発環境を整え、試行錯誤をしているMacチーム...。
出向先でCシェルを組みながらその様子を見ているうちに、わたしも我慢ができなくなりました。


遠からぬ将来Macチームに合流することをもくろみ、iPhone開発のできる新しいMacを手に入れることを決意したのです。
大枚をはたいたのに結局ほとんど触られることもなかったかわいそうなPowerBookは、本社のPC販売部門にどなどなすることにしました。
f:id:Aodrey:20101103184840j:image:w320
さよならPowerBook


今度こそこの白いMacちゃんを使いこなし、自分にあつらえたようなiPhoneAPPをさらさらっと作れるようになるのです!