Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

タブレット型Androidを買いました

Android開発を始めて2ヶ月経ちました。
実はAndroidを持っていないので、最初の1か月はシミュレーターで動かしていました。これが非常に重たくって不満でした。でも実機をPCに繋げるよりはきっとマシなんだろうと思い込んでいました。iOSでは、実機をMacに繋げるよりも、シミュレータのほうがはるかに快適なのです。
でもAndroidでは逆だったということを知ってからは、隣の席の上司の携帯を奪って拝借しました。一日中なのでそうとう迷惑だったと思います。おかげでびっくりするくらい快適な環境になりましたが。


そしてクリスマス。物欲が暴走するこの時期のある晩、「自分のAndroidが欲しいな・・・」と思い、次の日の昼にはこんな箱を手にしてほくほくしていました。
f:id:Aodrey:20111224161939j:image:w320


電子書籍を試してみたい思いもあり、でもiPadサイズでは大きすぎると思っていたので、7インチサイズのタブレットAndroidを買いました。
acerのiconia tabです。(http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/series/iconia-tab-a/iconiataba100)
画面は文庫の1ページより、ちょっとだけ縦長かな?という感じで、まさに理想通りのサイズ。そして、タブレットPCではまだ珍しいと思うピンク色というのも気に入りました。

f:id:Aodrey:20111224221237j:image:w320
今年、家の近所に出来たケーキ屋さんの、クリスマスケーキと一緒に。


そして、お仕事もより快適になりました。
自分の端末で開発できるってのはやはり気持ちのよいものです。
携帯向けなのにタブレットで動かしているので、大きさが大変なことになっていますが。



わたしに電子書籍は合うのか、という点。
まだ活字の本は試していないのですが、漫画についてはすごい可能性を感じました。


iPhoneでも何週間か楽しんでいた、手塚治虫マガジンがプリインストールされていて、早速無料分を読んでいます。
iPhoneでは、拡大がしんどくて結局読まなくなってしまったのですが、文庫サイズのタブレットだと、全く拡大しなくても、ちょうど漫画文庫を読んでいるかんじで、だいぶ楽に読めます。
更に、わたしは目が悪いので、漫画文庫は印字が小さすぎるからと読むのをあきらめているのですが、読めないところだけ手軽に拡大できるのはすごくありがたいです。


手塚治虫の漫画は読んでみたいのがいっぱいあるので、購入してもいいかもしれません・・・ただ、手塚治虫マガジンは3冊までしかストックできない、いわば貸し本なのが悩みどころですが。


これから試してみたいのは、pdf形式の技術書を表示しつつお仕事、というのが果たして快適なのか、はたまた遊び道具が増えるだけで効率ダウンかです。結果は後者なのが明らかな気がしますが。
活字の娯楽小説は、文庫本を古本屋で購入しているわたしにはまだ縁がなさそうです。どうしても読みたい本が、大判の新刊本か電子書籍かしか選択できないなら、試すチャンスかも。