読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

しあわせのパン

映画

映画「しあわせのパン」を見ました。渋谷のデパートの階上にある映画館だけど、かなり空いており、前から6列目に座ったのにわたしたちの前には誰も座っていませんでした。
見たくなった理由は、普段職場でかけっぱなしにしているラジオで毎日宣伝していたことと、大泉洋主演ということの2つです。
お話は、大泉洋、原田知世夫婦が営むパン屋さん兼民宿?の夏秋冬春。おもしろい常連のお客さんのほか、季節ごとにやってくるお客さんを、おいしいパンやコーヒーでどんどんしあわせにしていきます。
それにしても、大泉がほとんどしゃべらなかったのが、ファンとしてはもの足りませんでした。黙々とパンを焼いているんですが、そこはぼやきながらやってほしかった。夏野菜を育てている彼を見ては「やっぱそこからか!」と嬉しくなったり、パンをこねている彼を見ては「腐らせなくてよかったねえ」と思ったり。
そんな邪道な楽しみ方をしていましたが、それ抜きにしてもとても良い映画でした。映画をあまり見ないわたしの見た範囲では、「かもめ食堂」級の良さです。
焼きたてのおいしいパンを食べたくなりました。