Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

蝶の写真を送ってはらぺこあおむしのシールをもらった話

ポストに大きめの郵便物が届いていました。
日本自然保護協会と書かれていて、ダイレクトメールばかりのわたし宛の郵便物の中で、なんだか重厚に輝いていました。

f:id:Aodrey:20120309094925j:image:w360

昨年夏、この団体が行った「自然しらべ2011」に、蝶の写真を送りました。今回、たいへん丁寧なことに、その結果を教えてくれたのです。封を開けて手紙を読むまで、そんなことをしていたこともすっかり忘れていたのですが。
日本全国のチョウの分布を調べた「自然しらべ2011」、6,000通を超える応募があり、140種類もの蝶の情報が集まったそうです。いくつかの珍しい蝶についてはカラーのパンフレットで、分布の変化をレポートしてくれました。
かわいい「はらぺこあおむし」のシールまで入っていました。これは嬉しい!

わたしが送った写真は、昨年志賀高原に行った時に見かけたクジャクチョウです。

f:id:Aodrey:20110829122827j:image:w320

そもそも、この調査を知ったのは、日経サイエンスの裏表紙に大きく広告が載っていたのを見たからです。その広告の蝶の写真がとても印象的で、記憶に残っていたのか、旅先で見つけた時もすぐにそれとわかりました。普段植物や虫の名前などぜんぜんわからないけど、わかったときはとても楽しいです。ただ「きれいだな」と思うのとはまた違った喜びがあると思いました。

ちなみに、広告をろくに読んでいなかったからか、「広告のと同じ蝶を見かけたら」写真を送ってください、という意味だと勘違いしていました(笑)

わたしの情報がデータとなった出力結果も同封されていました。整理番号が3桁だったのは、「より重要なデータ」だと分けてもらえた気さえします。勿論偶然だろうけど。
普段こういう大量のデータを扱っている仕事をしているとちょっと忘れがちですが、そのたった1rowに、大きくアイデンティティを感じるのも、感慨深いです。