読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

席順決定(5月5日)

6月に結婚式・披露宴をしましたが、その準備のとを書いた日記を掘り返して公開しています。


打ち合わせもいよいよ大詰め。
GWを仕事で押されつつも、なんとか確保した4連休のうち2日を使って集中的に打ち合わせをしてきました。


一日目はまず席順について、担当の方と詰めました。
席順は彼から、「両家両親が同じテーブルに」という希望があります。
「これから家族になる同士、一緒のテーブルで親睦を深めて欲しい」という希望です。招待する親戚がとても少ないという事情もあるのですが。
最初そのアイデアを聞いた時、わたしは大賛成でした。両家両親が末席になるという凝り固まった考えしかなかったので、それにこだりすぎずに両家両親のことを考えてくれていた彼に感激しました。


でもやっぱりともいうべきか、担当者さんはちょっと難色を示したのです。
ほかの親戚が、本来新郎新婦両親が座るべき末席に座ってもらうことになってしまうというのがひっかかってしまうと。


一度はそれであきらめかけていたのですが、わたし母にこの話をしたら、最初は大賛成、でも担当者さんの難色の話をしたら、そうよねえ・・・という反応。
それでもそれでもやっぱり彼のアイデアをどうしても通したくて。母に、本来新婦両親が座るべき場所に母方叔父叔母に座ってもらうことになってしまうこと了解してもらえるようお願いしました。母はすぐに「気にしないで大丈夫!」と言ってくれたので、安心してもう一度担当者さんに提案しました。


他の席についても、担当者さんのアドバイスのおかげで納得できる席順を作成することができました。
自分らのつい偏ってしまう考えをプロの客観的なアドバイスで軌道修正してもらえたのが、本当にありがたかったです。


下書きをじゅうぶんにしたあと、大きめの紙に宛名シールを貼っていき、引き出物の割りふりを書き込んで、席順のマスターデータ完成です。


1日目の夜に仕上げたあと、彼と一緒に眺め渡して、披露宴が近づいていることを実感しました。