読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

結婚して一年。結婚してこんなに変わったと書こうとしたらあんまり変わってなかった話

結婚 生活

2013年4月12日に婚姻届を出してから、1年が過ぎました。

30代後半までという、圧倒的な長さでの独身時代に終止符を打ち、新婚さんとして過ごして1年。この1年を振り返って、どんな変化があったのか、つらつらと書いてみたいと思います。


まずはわたしたちがどんな夫婦なのか、超ざっくりご説明します。共通の知り合い2人それぞれから、「千秋とのだめに似ている」と言われていて、たぶんこの一言が、わたしたちをいちばんうまく言い当てているんだと思います。
f:id:Aodrey:20140424005115j:plain
同じ会社、同じお仕事をしながらつきあって、10年で結婚しました。


まずは結婚に先駆けて引っ越しし、同じ住民票になりました。10年も過ごしたアパートからの引っ越しは思ったよりたいへんで、いよいよ生活が変わるんだなーとわくわくしました。婚姻届を出すことも、披露宴をすることも、楽いイベントではありましたが、結果的には、この結婚生活でいちばん変わったことが、新しいマンションを借りて一緒に住み始めたことでした。


自宅サーバ男子な彼のサーバを自由に使わせてくれる*1うえ、本も音楽もDVDも、一緒にどこかに行ったときの写真も全部手軽に共有できるのは嬉しい変化です。大きな変化としては、彼が家事をしてくれることです!!ありがたい!すごく楽!!


付き合ってた頃は、わたしのアパートに彼が連泊という状態だったので、家事はほとんど手を出さない彼でしたが、家電や配線のこと、高いところのことはやってくれたし、わたしもそれでじゅうぶんだと思っていました。でも最近はすっかり彼が掃除担当。掃除苦手なので、掃除しなきゃ・・・と思うだけで憂鬱になるわたしにとっては最高の生活です。更に、先に出社するわたしにかわって朝の食器洗いもしてくれます。


ほかに変わったことといえば、苗字が変わったことです。・・・のはずですが、実は今に至ってもあまり実感がありません。
手続きはちょとメンドウだなと思ったものの、それは一度に済ませようとしたから。実際は、もともと非コミュなのでわざわざ改姓を知らせる必要(機会)が特に無く、しかも仕事も旧姓なので圧倒的に旧姓を名乗る機会が多いので、自分自身がまだ新姓に慣れていないという始末。新しい苗字を使うと、いたずらしている気分になります。新婚さんごっこ!みたいな。実際新婚だし、みたいな。1人でこんなことでムフムフしています。


ほかに変わったことは・・・もう思いつきません。
仕事も、周りの人も、家計の管理すら変わらず今までと同じ。でもそれはわたしたちにとって、いちばん理想的な結婚生活だと思います。変わらないことが理想とわかっていながら、どうして結婚したかったか。それは家族になりたかったという一言に尽きます。特に大きく変わらない生活を、家族として過ごすことの嬉しさは、きっとこれから積み上がっていくでしょう。


法的に家族になっていることが、いざというときに必要なことも予想しています。父の大病の手術のときは、まず母のサインが必要でした。わたしにとってのそれを、彼に頼めないとしたら、どれほど辛いかわかりません。これが「たかが結婚」の現実だし、いくらお互いを信じ合っていていても、どうにもできないことでもあるんだと思います。


わたしたちは夫婦です!家族なんです!
そう言って回ることができるのが結婚です。結婚万歳!なんにも変わらない生活、サイコー!


相変わらずバイオリンも続けています。家で練習する時は、耳栓をしながら静かに過ごしてくれる彼。いずれその我慢や理解に報いるくらいに上達したいです。

*1:ここでGitHub婚活の方のページをリンクしようとしたけど404でした