Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

お気に入りのカバン その後

お気に入りのカバンの引き手が千切れてしまった話のつづきです。<以前の話>
aodrey.hatenablog.com


代用として使っていたこのカバンも、かなりすり切れてきて、ついに穴があいてしまいました。

ヴィトンのほうのカバンをいよいよ修理する時が来たようです。長い間考えていましたが、結局正規店に持っていくのはやめました。


綱島駅近くにカバンや靴の修理屋さんがあったので、思い切って持って行きました。
ここです。
靴修理のリアット!綱島店 (綱島、靴、ブーツ、ヒール、ソール、靴底、かかと、修理、クリーニング、合鍵)|靴修理、靴・バッグクリーニングならリアット!

気さくな店員さん(ご主人?)が、時計か何かを修理していましたが、中断してすぐに見てくれました。


結果からいうと、5秒で仕上がって無料にしてくれましたw


何をやったかというと、単に引き手の革の部分と、それをつなげている金属のピンのような部分を取ってしまっただけです。


それだけ!!


半年も悩んでたのがバカみたい。さっさとやって貰えば良かった。
それに旦那さんが、それなら俺がやったのにと苦笑い。
修理する=元のようにする、つまり引き手の革の部分も再現しないといけないという思い込みにすっかりとらわれていました。


革のとこ取っちゃえばいいんじゃない?と提案してくれて、しかもちゃちゃっと無料でやってくださった修理屋さんに感謝なのです。


次回また何か修理する必要になったら、絶対このお店にしようと思います。


f:id:Aodrey:20150416092755j:plain:w320

革の部分がないと、ちょっとだけ開けにくいです。逆に言えば革の部分ばかり引っ張って開け閉めしていたわけです。
もし同じようなタイプのカバンを愛用している方がいたら、ぜひ金属の部分を引っ張るように習慣をつけたほうがいいかもしれません。


そのうち革紐か、タッセル的なものを見繕ってきて、引き手に結びつけてみようと思います。


【追記】バイオリンの形のチャームを見つけたのでつけてみました。