読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

コウノトリがやってきた

妊娠・出産

5月中旬に夫婦揃って体調を崩したのですが、このとき風邪薬を飲んで良いかどかを調べるつもりで使った妊娠検査薬で陽性反応が出ました。これが前回までのおはなし。


驚いたし嬉しかったからか、翌日には熱は下がったので、ひとまず近所の婦人科に行って検査をしてもらいました。
やっと5週目に入ったばかりのようでしたが、エコー写真にはちーの爪の先のような形の黒いものが写っていました。胎嚢というものらしいです。


結婚2周年を迎えるちょっと前。出産予定日はぎりぎり40歳を超えてしまいますが、どうにかわたしたち夫婦のところにも赤ちゃんが来てくれたようです。

f:id:Aodrey:20150705222948j:plain:w380

「不妊治療はしない。原因を探るようなこともしない。」

と決めていたわたしたち。わたしが40歳の誕生日を迎えたら、子供のいない人生を謳歌するよう気持ちを切り替えようと、心の準備をしていたところでした。既に50%くらいそのつもりでいたところだったのです。なので逆に、いまだに赤ちゃんが来たんだという実感が薄いです。


現在は12週。初期の不安定な時期は脱したようです。
2週に1度、お産を予定している産婦人科に検診に行っています。順調なようで、毎回検診で胸をなで下ろしています。先生には、順調なんだから3~4週開けていいよと言われているので、今度から3週に1度くらいにしようと思います。


実感が薄いと言いながらも、やっぱり嬉しかったのか、5週時点で両親、兄弟、友人に知らせてしまいました。
旦那さんから社長に報告してもらい、前回の帰社日に社内に報告しました。この時点で7週くらい。早いですよね。よく12週くらいから会社に報告したいって話を聞きますが、わたしはお世話になっている人には早く言ってしまいたかったです。ただ、現在某証券会社に出向しているのですが、出向先には自分からは言いにくいです。たぶんわたしにとってのこの感覚が、一般的な職場に対する感覚なのでしょう。先週末、営業クンを通じて伝えてもらいました。


そういうわけで、前回も既に書いてしまいましたが、この記事にてあらためて書き記しておこうと思ったのが今回の記事です。


実はずっと何か書きたくてしかたなかったんです。いろいろ断片的に思い浮かぶのですが、ぼんやりとしていてなかなか文章にならず、何週間も経ってしまいました。これからもとりとめのない記事ばかりになりそうですが、そこは文章力のないわたしのブログなので仕方ないことにします。もっと気軽な日記っぽい記事をバンバン上げたいなあ。


ところでトピシュさんが記事に取り上げていた「コウノドリ」、とても面白くて、Kindleで出ている分全部読んでしまいました。topisyu.hatenablog.com

「ブラックジャックによろしく」の産科医版かなと思ったのですが(数話完結形式なところが似ている)、絵はもっと好みですし、今のわたしにとって身近で気になるトピックスが誠実に描かれていて、とても好感の持てる漫画です。トピシュさんが書いている通り、患者の問題が解決されるべきというスタンスではないところに、妊婦が読んでも無駄に不安を煽るようなことがなく、安心して?読める要素があると思います。とはいっても無脳症とか染色体異常とか、どうしても寝つきが悪くなってしまうテーマもあるわけですが。それでもわたしにとっては知らなかったことがいっぱいあって、どのテーマもほんとに興味深く読めました。
妊娠出産がまだ身近ではない人でも楽しめる良い漫画だと思います。おすすめ!