読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

実家で一泊

妊娠・出産 買い物

3連休のうち2日は、実家に滞在してきました。
結婚以来2年半、実家には一泊もしていなかったのでちょっと楽しみでした。


主な目的は、実家の近所に出来た西松屋に行って、新生児に必要な服を買い揃えることです。
母と一緒に店じゅうを見てまわって、これだけ買ってもらいました。ほくほく。

一応女の子だろうと言われていますが、なるべく男女差の出ない黄色やひよこ柄をチョイス。靴下だけはどうしても女の子っぽいものになってしまった。


翌日は、地元の祭儀場が企画した人形供養祭に行ってきました。
ここでは人形を1体いくらで引き取って供養してくれるということなので、わたしの人形を持って行ったのです。
人間用の立派な祭壇に飾られて、しかもお焼香までできるようになっていました。

手前にわたしのお人形を並べてもらったことを確認して撮影。お雛様も持って行きましたが、反対側に並べてもらいました。
さよならお人形たち。40年間ありがとう。
おじいちゃん、おばあちゃん、おなかの子には新しい人形をよろしくね。


今回、母は、購入する服の参考にとわたしの生まれた時からのアルバムを出しておいてくれたのですが、その中に今回供養してもらった人形を持ってるわたしの写真もあり、すごくなつかしかったので写真を撮ってきました。



たぶん3歳の時。持っているお人形はビクトリアちゃんです。父の洋行帰りのお土産で、顔がすごく独特です。

3歳の時。持っているお人形はももちゃんです。


ところで、うちには6歳の猫がいるのですが、赤ちゃんとの生活はどうすればいいんだろうと思い、以前母に聞いてみました。
わたしはどうやって育てたの?部屋を厳密に分けていた?
その答えは「いっしょくただったよ」の一言で、やっぱり!と大笑い。
更に、こんなかんじの写真がいっぱいあって、やっぱりいっしょくただったと再確認しました。

わたしもそんな気がしていました。


でもきっと気を付けて見守ってもらっていたのだと思うのです。わたしも気を付けて見守りながら、いっしょくたに育てようと思います。