Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

わたしの定番の夢

法律的には産休に入れる時期に入りました。ありがたいことに、今月は在宅で仕事をしています。
半年ぶりに開発です。数年ぶりにPHPです。すごく楽しい。一生在宅でコーディングしていたいです。

しかも在宅なのを良いことに、普段は平日昼間になかなか行けない病院や銀行、役所に行って、用事を済ませる時間を確保しているほか、けっこう昼寝しちゃったりしています。

昼寝のせいで睡眠がじゅうぶんだからか、あるいは急に乾燥してきたからか、夜は眠りが浅い日が続いています。
ゆうべは久しぶりに記憶に残るような夢を見ました。


わたしは長年、自分が学生か、そういう設定がわからない場合でも、なぜか「公共の施設に居る」夢が多いです。
そして学生の場合、状況として圧倒的に多いのが

  • 今日テストなのに準備を全くしていなくて焦っている
  • 今日の時間割を勘違いしたとかわからないとかで、授業に必要なものを持ってきていなくて焦っている

のどちらかです。
後者では、社会科や理科の資料集か、体操着のことが多いです。
なんでだか、夢の中の自分は焦るものと相場が決まっています。

ゆうべ見たのは、後者のパターンです。

どうやらわたしは高校生。
明日から夏休み明けなのに、時間割をなくしてしまってなんの授業があるのかわからない。
紙ナプキンに走り書きしたようなメモがあるけど、自分の字が汚くて読めない。
たぶん数学、英語、国語(半ドンらしい)だけど自信がない。
ちょっと焦ってる。とりあえず教科書とノートを探そう。
ええと数学数学。これは去年のノート。この教材買ったは良いけど最初しかやってないじゃん・・・
・・・自分の机の上や本棚を見るが、ちょっと懐かしいノートとか兄の教科書とかアルバムとか出てきてそのたびに中身を見てしまい、なかなか探し終わらない。。。

というかんじでやっぱり緩やかに焦っています。
明日の準備はできたのかと母がちょっとヒステリックに聞きに来るのとか超リアル。
もう40を超えているのに、これから子どもが来るというのに、どうしてこんな夢ばかりなんでしょうか。
精神年齢が高校生止まりなんだろうなあ。


なんとなく分析するとしたら、

  • 学生→子供でいたい、庇護される立場でいたい、ポジティブに解釈すれば、まだまだ学びたい
  • 授業の準備ができないで焦る→出産育児の準備が足りていないと実は焦っている。あるいは子持ちでの働き方に迷いや焦りがある?
  • 自分の本棚の中身を見てしまう→過去の思い出に浸りたい気分

あたりでしょうか。


目が覚めたときもなんだか夏休み明けの気分で、暖かいオフトゥンから上体を起こした時の寒さに違和感。そして一挙に現実に流され戻るのもちょっと快感でした。
9、10、11、うわあ12月だもう!みたいな。
精神年齢的にはあと25年ほど進みたいところですが。


貴重な産前の産休期間。大いに満喫する予定です。