Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

この瞬間を切り取っておきたい・・・「赤ちゃんのしぐさ」を読んだ

赤ちゃんのしぐさ

赤ちゃんのしぐさ

赤ちゃん ―乳児期は1歳半までだそうです― の月齢順に、その時見られる反射や行動を、見開き左ページにかわいいイラスト、右ページに小児科のお医者さんによるわかりやすい解説でまとめています。

うちの娘はまだ2カ月なので、紹介されたしぐさに「そうそう!」と思うのはまだ最初の数ページのみ。
わたしは娘の「モロー反射」が大好きなんですが、最近少なくなってしまったのでちょっと寂しい。だからこの本を手にしたときは真っ先にモロー反射のイラストを探してしまい、期待通りのかわいいイラストを見つけたので旦那に見せびらかして歓喜しました。

後のページはまだ未知の領域なので、ワクワクしながら読めました。
我が子の成長が楽しみになり、イラストを見つつ妄想でニヤニヤしながら読了。幸せになれる一冊です。


また、小児科のお医者さんによる解説は楽しいうえにためになります。注意すべき点もきちんと知ることができます。
知らなかったことはたくさんありましたが、特にそうだったのか!と思ったのは、言葉を覚えても理屈を理解するのには時間がかかるということです。一歳半ごろには話せる単語の数が増え、更に言葉による指示や要求に答えてくれるようになるけれども、

しつけにおいて「ダメ」な理由を説明しても、まだ理解することはできません。

そして、子供どうしで遊ぼうとするけれども、

遊び方はわかりません。社会性が芽生えたばかりで、ルールがわからないのです。相手が遊んでいるものがおもしろそうだったら取りにいくし、その子が作ったものを勝手に壊します。友達をたたいたり、噛みついたりということもよくあります。

この時期は、本能のままに行動し、相手との距離感や付き合い方がわかっていないだけなので、乱暴な子になるかも、などと心配することはありません。

1歳半でやっと社会性が芽生える子に、たった1歳になるかならないかの時期に保育園に入れる必要のある今の育休制度はちょっと無理があるのかもしれない、と思います。というか、こんな大変そうな時期に集団生活をさせてくれる保育園、保育士さんはすごいと思います。育休を2年くらいとってもせめて会社が籍を取っといてくれるような、おおらかな社会になればいいのになあ。