読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

クレジットカードを見直したら増えてしまった

買い物 生活

ぼんやりとした個人ブログですが、クレジットカードを話題にするとけっこう見てもらえるようだし、しばらくアクセス解析にクレカ関連のキーワードが上がってきます。
年末ですが貯金箱を開封するだけの記事が結構読まれていたし、みんなお金大好きですね!!わたしも大好きです!!


この記事も全く個人的な、クレジットカードを見直した話をだらだらと書くことにします。

生活が変わった。これからも変わる。

結婚して2年半。家計は全然まとめて管理していません。それぞれがお財布から出せるときに出しており、結果的には旦那さんの負担が大きいなという状態。
携帯のキャリアすら夫婦で違っていたのですが、昨年末わたしが旦那さんの家族割に入り、料金もまとめてもらいました。
携帯代も含めた固定料金は全て旦那さんの支払いにしてもらったので、わたしは食費や生活用品、そして貯金の担当になっていました。
そして育休にあたる今後1年間は無収入になってしまうので、生活費も旦那さんから出して貰って運用をはじめました。

わたしのクレジットカード遍歴

遍歴というほど多くはないのですが。まずは学生時代に親に勧められるままに作った(ていうか親に作ってもらった)セゾンカードを社会人になっても10年くらい使い続けていました。
5万円以上の高額な買い物のときに使うというルールを自分なりに設けて、たまに使う程度でした。
ポイントなんてものにも全く興味がなく、ずっと貯めっぱなしでした。


両親も現金主義なのですが、なぜわたしが学生のうちに作ってもらったのかというと、年の離れた兄が、稼いでいるにもかかわらず「会社に就職していない」という理由で全然カードを作れなかったからです。
クレジットカードを持っていることの社会的信頼度というものを実感した事件でした。
おかげでわたしは、持っていないことで困るという事態は避けられたんだと思います。


そんなクレカとの距離感が変わったのは、社会人10年くらいになった頃です。お給料が上がってきてバッグや靴にお金をかけたくなった時期と、郵便貯金とセゾンカードとの提携が終わったタイミングが大体一致し、なんだかクレジットカードを自分で選びたくなってきたのです。
そこで選んだのがSBIカードです。年会費無料でポイントがそのままお金として戻ってくるというのが気に入りました。

その後アメリカンエキスプレスを作って1年で手放すなどの冒険をしつつ、メインにはこのSBIカードを使い続けて現在に至ります。

5年以上使っていたSBIカードですが、昨年末に規約が大幅に変わってしまいました。ポイントの還元率が低くなった上、年会費無料ではなくなってしまったのです。
年会費が発生してしまうまでに、このカードを手放そう。
そう決意して、再びクレジットカードを見直すことにしたのです。

メインカードを1枚から、目的を分けた2枚に。

見直しをした結果、メインだったSBIカードを解約(予定)し、セブンカードプラス(食材買い物用)と、Amazonカード(Amazon、通販用)の2枚を持つことにしました。

まずはセブンカードプラス。現在食材のほとんどをイトーヨーカドーで買っています。周囲の小売店よりも割高ですが、店内をまわって一回の支払いで済むほうが良いと感じてしまいます。特にネットスーパーでのまとめ買いが便利です。もっと節約意識が高まれば小売店を回って現金で支払う買い方になりそうですが、ひとまずはヨーカドーに集中してnanacoポイントも貯めるのです。

そしてAmazonカード。乳児と病気療養中の家族のいる今はAmazonを使いまくっているので、Amazonカードでポイントを貯められるのはお得に感じます。毎回割引を受けられるのはかなり嬉しいです。

2枚持ちといってもお財布に入っているのはセブンカードのみ。お財布はスリムなままです。

現在その他にはデパートのカードを2枚持っています。

  • 東武カード

都内在住の時によく池袋東武で買い物していたけど、今は1年近く行ってません。年会費無料なので持ち続けていますが、もう使わない可能性が高いので、解約しようと思います。

  • タカシマヤカード

横浜に引っ越してきてからよく行くデパートになったので、カードを作りました。ただ、今年はデパートで買い物なんてしないかも。年会費2,000円を過小評価していたけど、今の我が家では贅沢なカードかも。ぼんやりと解約を考えています。


ポイントに縛られて本末転倒な消費生活をしたくない、カードを増やしたくないと思いつつも、結局ポイントが貯まる魅力には抗しがたいものがあります。カードに振り回されず、でも便利に活用したいと思います。