読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

小さなことからコツコツと!

娘が今月5か月になるので、産休育休に入ってからはもう半年以上経ってしまったことになります。

社会人になってからこれほど長い休暇は初めてなので、最初はそれこそ夏休み前の子どものようにあれもやろうこれもやろうと壮大な予定が頭に浮かんでいましたが、現在は宿題が真っ白ままお盆に入ってしまった緩やかな焦りを感じております。
そもそも壮大な計画の前に、育児第一、そして家のことをしっかりやって傷病休暇中の旦那さんをサポート、この2つをしっかりこなすための休暇です。半年経って振り返ると、どちらも完璧とは程遠いけど、わたしにしては上出来かなとこっそり思っています。

料理スキルがあがってきている(当社比)

育児と家事は、掃除以外は普通にできていると自己評価しています。特に料理は、毎晩1時間近くかかってしまっていた状態から、時々は30分くらいで支度できます。なぜかというと作り置きをするという発想がここにきてようやく芽生えているからです。さらに、作り置き業界でよく見かけるおしゃれ保存容器、野田法臘をいくつか買い求めたので、作り置きをするモチベーションもいい感じに上がっています。

••よく使うプラスチック容器と似た大きさのを購入。直火に当てられるのがすごく便利です。••

火をよく通すとか味付けが濃い目とかの料理の時に、これは作り置きイケるかなと思うと、レシピの倍量を作ります。そしてつるんと白くてかっこいい、法臘容器に詰めるのです。作ったのを全部容器に詰めてから、これから食べる分を取り分けるとかおバカなこともしています。

これを始めてから、一度の食事で並べるおかずの種類も増えました。今は無計画でやってますが、本屋で平積みになっている「つくおき」など参考に、計画的に回せば、食費も時間ももっと節約できるかもしれません。

つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (美人時間ブック) もっとつくおき もっとかんたん、もっとおいしい (美人時間ブック)

パズドラは一時の熱狂からは醒めた・・・かな?

次の成果はパズドラです。ランクは120を越え、タイタンにとってかわってわたしのお気に入りになった[いちごドラゴン]もレベルが80を越えました。

f:id:Aodrey:20160609230110j:plain:w320

紅天の果実・いちごドラゴン - パズドラ究極攻略データベース

1日1回は起動してしまいますが、費やす時間は減っていると思います。このまま徐々に時間を減らし、もっと有意義な授乳時間を過ごしたいと思います。読書とかね。

画面設計書を作った

突然何の話?という感じですが、しかも正確に画面設計書ではないものなのですが、実際にとりかかってみたら2~3時間で終わったものを半年かけて作りました。

産休時にとりかかった、旦那さんの仕事のお手伝いです。赤ん坊がお腹から出てきてしまったのと、旦那さん自身が休暇状態になってしまったことで、緊急度が低くなってしまったのです。とりかかってしまえばすぐ終わると分かっているのだから、とっととやってしまえば良いのに、なかなかできないものです。そして今更終わらせたことで「できたよ」とすら言いにくいという。おバカだと思います。

でも個人的にはこの半年間ずっと気にかかっていたものなので、実際に終わらせてみるとものすごい解放感でした。この解放感と虚脱感?には驚きました。実際の成果物は本当に些細なのに、もうすっかり何もかも終わらせた感。

とりかかればすすむ。
すすめばいつかは終わる。

こまぎれな時間しかないときでも、この事実を思い出して、とにかくとりかかってみるのが吉なのだと実感しました。

英語の本を読み通した

読書が進まなかったのはパズドラのせいですが、パズドラを始めてしまったのは読書のせいです。英語習得の二兎を狙い、英語の本を購入してみました。

LESSONS FROM MADAME CHIC

LESSONS FROM MADAME CHIC

邦訳はこれです。

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

Kindleで、この本を読み終わるまでに5時間などと出てきて途方に暮れながらも読み進めていくうち、3か月かかってなんとか読み終えることができました。ところどころ飛ばしたり、文意のわからないところを放置したりした結果ではありますが、一冊読み通したことで達成感、充実感、そして少々の自信がつきました。やはりハウツーものは読みやすかった。でもしばらくは積ん読になっている日本語の本を読み進みたいと思います。

タスク管理を工夫した

漫然と日々の生活を送っている中で、やりたいなあ、やっておかなきゃなあと思う小さな事がずいぶん溜まってきている気がしてきました。先の設計書も、英語の本読破もそうです。
例を加えると歯医者。妊婦歯科検診で発見した初期虫歯は治療したものの、歯石が取りきれていないことや、そもそもその治療から半年以上経ってしまってまた虫歯があるんじゃないかといったことが不安になっていたので、予約したいなあと思いながらも数ヶ月経過してしまいました。
歯医者の予約をするなんてすぐです。でもなぜだかなかなか受話器を取れないんです。
今すぐ治療が必要というわけではないし、というような思いがあるからだと思います。

こういったタスクが溜まってきたときに、思い出したのが数年前に読んだGTDというタスク管理法の本です。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

引越しで手放してもう手元にないのですが
1. やりたいことを全部書き出し
2. 定期的に書き出したものを処理する
という手法だったなと超絶おおざっぱに思い出し、メモパッド1枚に1項目で書き出してみました。約30項目ありました。
そして一息ついたときにこのメモパッドの束を見直し、終わっているものは捨て、今できそうなものにはとりかかるを繰り返しました。 追加タスクもあるので常に30項目くらいなのですが、まあまあうまく回っていると思いました。

タスクが終わったときに豪快にメモを丸めて捨てるのはけっこう快感ではありましたが、汚い字で書き散らしたメモがテーブルに積んであるのはよろしくない、ここはデジタル化したいと思いました。
そんなとき、こちらの記事を目にして(たぶん以前も目にしていたのに忘れていた)、お仕事ではしばしばお世話になっているBacklogを個人タスク管理に使い始めました。

www.mana-cat.com

BacklogにはiOSのアプリがあるので、課題を思いついたときや進んだときにすぐに記録できるのが非常に良いです。
息をするようにiPhoneを触っているわたしにはぴったり。もっと早く導入すればよかった。

メモにしろBacklogにしろ、この管理方法での欠点としては、「毎日やるタスク」を管理しにくいところです。毎朝課題化し、毎夜完了にするのでもいいのですが、書き出す時点で忘れている可能性やできなかった時のがっかり度のほうが大きい。そこで別のアプリを追加してみました。

習慣チェッカー

習慣チェッカー

  • 01works
  • 仕事効率化
  • 無料

このアプリでは毎日~毎曜日やることをリストアップしておくことができます。毎日チェック前のリストが開くので、リストの内容を達成したらタップ。効果音とともにチェックが入るので、達成感もしっかり得られます。カレンダーを見ると、どれくらい達成できたか色とパーセンテージで示されます。毎日100%達成できなくても、達成率を上げるなどの目標にしやすいし、何より次の日はまた新しいリストでがんばれるのが良い感じです。

この2つのサービスで小さな事をいくつかやり遂げ、休暇半年にしてようやくきちんとしている思える生活になってきた気がします。
あと半年、もうちょっとずつでも有意義な事を増やしていきたいです。