Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

でも万が一ってこともあるでしょう

0歳の一人娘がどんなふうに育ってくれるか、何が好きになって、何に夢中になってくれるのか。親として今から楽しみにしています。 気が早いにもほどがありますが、学校の勉強以外に何か一つは習い事をさせてやりたいと考えてしまいます。

わたし自身は小学生の時にピアノを習わせてもらっていました。人前で演奏できるようなレベルには到達せずじまいで今に至りますが、無駄にもなっていないと思える程度には音楽を楽しんで来れました。
数年前に思い立ってバイオリンを習い始め、まともに音が出なくても楽しいと思えるくらいには浸っていられます。今はレッスンを中断してしまっているけど、いずれ再開しようともくろんでいます。
f:id:Aodrey:20160725183114p:plain:w320

そういうわけで、娘には音楽、特にピアノを習わせてやりたいと希望しています。
バイオリンは所有する楽器の質、言ってしまえば値段が演奏者の属性となる性質が大きいと思うんです。ある音楽高校では持っているバイオリンの値段でヒエラルキーが出来上がるとか。一方ピアノは楽器が場所に縛られるので、演奏者は身一つで済む経済の良さ。最も貧乏人に優しい楽器は声楽を除いてはピアノだと思うのです。実際にピアニストになるような人は家庭のピアノも立派なものを所有するものなのかもしれませんが・・・って、すっかり娘が演奏家になる前提の想像をしていました。

第一の目的は音楽を楽しめるようになって欲しいのです。音楽が、自分のものになることを体験してほしい。

ところでわたしの兄は音楽の大学を出て、音楽関係の仕事をしています。
同じ大学を目指す学生さんの受験指導をすることもあります。わたしも高校時代ちょっとだけ兄からピアノを習っていたので実感しているのですが、兄は教えるのがとてもうまいと思います。
以前兄に、ぜひ娘にピアノを教えてやってほしいと、半分妄想交じりの冗談として話題にしたことがあります。
距離の問題もあるので実現は難しいのですが。

興味からわたしが、「もし全く音楽を習ったことのない子供を自分が教えられるとしたら、こんな風に教えたいとか想像したりする?」と聞いてみました。意外なことに、兄の答えは「いや、特にないねえ」とのこと。むしろ、最初からちゃんとした先生から習ったほうが良いのではということでした。ここでいうちゃんとした先生とは、演奏家であったり、演奏をする学科を出ていることを指しているのだと思います。
受験指導ができる先生から見た「ちゃんとした先生」ってどこまでのレベルを想定しているのやら。

いやいや、娘を音楽家にしたいとかじゃないんだよ。音楽を楽しんで欲しいんだよと言ったのですが、そこで兄から出たのがタイトルの一言です。

でも万が一ってこともあるでしょう。

万が一、娘が音楽の道を目指したいと言い出すかもしれない。
あるかもしれない。てかそんな想定をついしてしまうしたった今もしたw

その時、「ちゃんとした先生」に師事していないと困るよということです。

でもね、その時はその時です。

兄はヤマハの音楽教室でピアノを習ったあとに音楽大学を目指したとき、師事した先生に「ヤマハで習ったことは全て忘れるように」と言われたそうですが、それでも音楽の道に進めました。兄としてはその経験があるからこその「ちゃんとした先生が良い」だと思うんですが、それでもやはりその時はその時です。

楽しいお教室で習おうが、偉い先生から習おうが、ほぼ間違いなく、わたしのように子供時代に習って楽しんでそれで終わりです。
万が一、兄のように志してもその時にどうにかするものです。 そういうわけで、お母ちゃんは今、近所のヤマハのパンフレットを眺めています。

※ ヤマハをdisる意図はないです念のため。