Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

2017年の手帳は主婦っぽく

主婦だって手帳術したい

わたしは手帳が大好きで、毎年この時期に手帳術を特集する雑誌は必ず買ってしまうほどです。
ちょっと前にこんな本をKindleで衝動買いしてしまいました。

あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術 カラー実践版 (別冊すてきな奥さん)

あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術 カラー実践版 (別冊すてきな奥さん)

今年度限定(日本死ねにならなければ)の専業主婦なので、主婦向けの手帳術本をチェックしたというわけです。
オールカラーで実例も多く、楽しかったのですが、正直この手帳術はあまり真似できません。

大雑把な方法としては

  • A5の6つ穴バインダーを使用し、リフィルは週間レフト式を使用する。
  • ToDoは付箋に書き出す。これをプラスチックシートに溜めて置いて、予定を立てる時に週間ページに移す。
  • そのほか家計簿やプリント類などなんでも穴を開けてファイルする

で、重要点は「ToDoを付箋で管理する」ところにありそうです。
そして、システム手帳方式にすることで、表紙などをカスタマイズできるところに手作りの楽しさを取り入れていることが、楽しさや主婦の家仕事との親和性の高さ、そして講習会や勉強会への発展の余地を作り出すのに成功しているのかなと思います。

わたしが真似できないなあと思った理由はまさにこの手作りっぽいところ(楽しい点は大いに賛同できるけど)で、さらにA5の6つ穴って実はあまり文具店で扱っていないこと、そしてわたし自身がリング閉じのノートやファイルが嫌いな事からです。

とはいえ他人の手帳を覗くのは楽しいものなので、この本は満足でした。

モヤモヤをキラキラに変える!  あな吉さんのハッピーコラージュ手帳術

モヤモヤをキラキラに変える! あな吉さんのハッピーコラージュ手帳術

そして図書館で「手帳」と検索して出てきたこの本を借りてみました。
好きなもの、気になるものを切り抜いてコラージュを作り、そこから自分の願望を読み取るというセルフカウンセリングのようなことを紹介しています。自分の願望に気づいたら、それを手帳術で実現させるという抜かりなさ。
手帳をコラージュで装飾する方法が載っているのかと思ってしまいましたが、ちょっと違いました。

やり方は以下の感じです。

1. コラージュを作って頭の中を「見える化」する

素材になる写真を用意する場合は、雑誌などをページごと、20ページ分くらいを目安に切り取っておくのが良いようです。また、コラージュの台紙はA4のクラフトペーパーが薦められています。コラージュをする場合は、1時間くらいで一気に作るのもポイントのようです。

2. 作ったコラージュを読み解いて、やりたいことを見つける

ここがこの本の独特のノウハウです。ちょっと丁寧に手順を書き出します。


1. コラージュ内の写真にタイトルをつけ、できるだけ具体的にコメントを書く
2. 「今の私って、どんな気持ちなんだろう」「現状では何が不満なのか」を考える
3. 写真をジャンル分けし、一位を選ぶ。ジャンルごとの「なりたい自分」を書き出す
4. コラージュに題名をつける。コメントを付箋に書き出して写真に貼る。日付を書き込んでコラージュは完成。
5. 「なりたい自分」や「やりたいこと」を実現する。ウィッシュを叶えるためにやるべきことを付箋に書く
6. 実行に移したいタイミングを考えて付箋を手帳に貼る
7. コラージュはコピーして(ゴワゴワしないように)手帳に挟む

改めて書き出すことで客観視すると、あるいはモニターに向かっていると、「優雅な専業主婦が、なんて贅沢な悩みを冗長極まりない方法で解決しようとしてるんだ」と感じます。わたしの中のはてブ脳が100文字以内で最大限の僻みコメントを組み立て始めます。しかし本を読んでいる最中は「ほおーなるほど!」なんて思ってるんですけどね。そしてカラー実例がやっぱり楽しいんですけどね。

3. 「手帳術」で具体的なプランを立てる

この内容は先の「主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術」に重なる部分です。やるべきことを付箋に書いて手帳に貼る。これに尽きるのですが、先の本よりも丁寧に書かれていると感じたのが、なぜ付箋にするのかの理由と、そして計画が実行できないと悩んだ場合の考え方です。
手帳に直接計画を書き込むのではなく、付箋に書く理由は、計画通りにいかなかった場合に貼り替えるだけで済むからなのですが、これを著者は「やりたいこと、やるべきことができない私と付き合うための重要なツール」としています。
付箋に書いた作業には、かかる時間も見積もって書いておくことを推奨しています。これが難しいんですよね。そもそもわたしは自分の仕事ですらきちんと工数を見積もれた試しがないのです。

この本では、しかし、作業の見積もり方について、以下のような心がけを示しています。
「すごく頑張ればできる私」基準ではなく、「残念な私クオリティ」を基準にすること
自分を計画に合わせるのではなく、計画のほうを「残念な私クオリティ」に合わせる習慣をつけること

家庭内の仕事と、予算や人員の動いている仕事とを同列には語れないとはいえ、これって仕事でも同じですよね。多くのSEは見積もりが苦手で、そのせいで業界全体が残業体質になっていると思うし。
だから付箋で手帳術♪で解決を目指すのは、それこそこの前書いた「職場環境の問題を個人次第であるかのようにしている」弊害が出てきそうですが。しかし、みんなが心がければ何か変わるのかもしれません。
というわけで全国のSEのみんな!すごく頑張ればできるを基準にしないで残念クオリティで見積もろうぜ!抜け駆けは禁止だぞ!

わたしの2017年の手帳

さて、楽しく手帳術の本を読んだあとは、2017年の手帳をどうするかいよいよ決める時期になりました。
夏頃にぼんやりと「旦那さんとお揃いの手帳にしてみたいなあ」と考えていました。

毎年わたしからだんなさんへ、能率手帳に名入れをしてプレゼントするのが、もう10年くらい恒例になっています。今年も注文しました。
ちなみに今回から、名入れの書体や色がある程度選べるようになりました。空押しにしてみたのですがかなり素敵です。
2017ゴールドネーム入れについて | JMAM eショップ手帳の店

わたしは過去に2度ほど、能率手帳の革製ではない普通のものを使ったことがあります。ほぼ日手帳と交互に使っていた状態で、その数年は毎年極端に手帳事情が変わったので、面白い状態でした。毎年、「コンパクトな手帳をどこにでも持ち歩く」vs「1日1ページ手帳に何でも書いたり貼ったり」で迷うんです。
2016年は持ち歩かない前提でMARKSのA5の1日1ページ手帳を使っていますが、乳児を抱きながらではとても持ち歩けません。色々貼りこんで楽しく使ってはいますが、やっぱり持ち歩けないとダメかなということで、ますます能率手帳がいいかも、と思っていました。

しかし今手元にあるわたしの2017年の手帳は、なんとセリアで購入した100円のものです。


同じく100円の色紙を表紙にして、総額200円ほど。紙質は残念レベルですが機能的には十分。むしろ路線図などの使わないページがない分すっきりとしていて気分がいいです。来年はこれでいきます。

我が家は今年に限っては赤字。毎年数千円かけていた手帳を最大限安価で抑えたことで、赤字なのに美容院に行き、整体に通っている矛盾を自分の中で少し処理できました。