読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Life

残念IT系母ちゃん。旦那さん、娘1歳、猫の4人暮らし。

自己啓発書がなかなか読み進まない

英語

買ったのはなんと昨年の5月でした。今年に入ってようやく読み始め、もう4月になったというのに半分しか読み終えていない本があります。

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

アプリケーションエンジニアに特化した自己啓発書です。内容はおそらく基本的なことですが、トピックが広範囲で、みんな何がしかの不安だったり苦手だったりする話題がありそうです。

この手の本を普段読まないけど、ライフハック系のサイトの記事が目に入るとつい開いてしまうような人にとっては、この一冊でとりあえずこの手の話題を手広く補完してくれてそうなので、一冊読んでおいたほうが良い感じがします。無駄なサイト徘徊をやめてこの本読もう!

しかしなぜか読み進まない。わたしは読み進まない本は置いておいてほかの本を読むということがあまりできなくて、読書自体から遠ざかってしまうのが問題です。

この本の最初のほうでも最後でも、古典的なザ・自己啓発書を推薦図書にしています。「金持ち父さん、貧乏父さん」以外は全然読んだことのない本ばかり。しかもその「金持ち父さん」は抵抗感が強かった。となるとこの読書リストは全体的にわたしには合わなさそう。しかしカーネギーの「人を動かす」という本は見たことがある、ということに気づきました。ちょっと調べてみると、1930年代初版の超ロングセラー。これは読んでみてもいいのでは、と思えてきました。

新年でなにかやる気にあふれていたらしいわたしは、この「人を動かす」という本を、原書で読もうと思い立ちました。
上記の本での勧め方としても「もうパブリックドメインで無料だし」というという感じだったので、日本語の本をお金を出して買うのではなく、無料で英語のテキストをゲットしようと思ったのです。

そして一人プロジェクトでこのテキストの翻訳を始めました。
一月中旬からほぼ毎日、1日30分程度やっていました。わたしの英語力だと一日1節くらいがやっとです。
そして3月中旬で止まってしまいました。約2ヵ月。3日坊主が基本のわたしとしてはまあ続きました!
2ヵ月も続いた理由としては、Githubに表示される芝生を育てるのが楽しみだったというのが大きいです。
f:id:Aodrey:20170413231034p:plain

こんな小さな歩みでのたった2ヵ月なので、第一章の2つめの話の途中というとんでもなく最初のほうで手が止まっているのですが、もう来週から仕事復帰するのでおそらくずっと止まってしまいます。
ここまでやってきたことを、1ではないから全くのゼロという状態にしたくないがために、日本語訳をブログに公開しておくことにしました。
scrinia.hatenablog.com
きちんと階層化して、順に読めるように工夫しなければ。そんなことしても第一章の2つめのお話の途中で終わりなのですがw

ちなみに、3月後半はiOSの学習をしていて、やっと昨年秋に買った入門書を終わらせることができました。
社内で使ってもらえそうなカメラアプリを作っている最中で、それが終わったらはてなハイクのクライアントを作りたいです。

余談ですが、この本の作者、デール・カーネギーって、鉄鋼王のカーネギーとは別人物だったんですね。後者はアンドリュー・カーネギー。読み始めた時におやと思って検索して、初めて知りました。
f:id:Aodrey:20170413232231j:plain:w420


さらに余談。技術者向けのライフハック本というと、以前「エンジニアのための時間管理術」という本を読みました。読んでいてとても楽しいものでしたが、システム管理者に特化していて、役に立てられるという感じではありませんでした。ただ、こちらのほうが実践に徹していてわたし好みです。

エンジニアのための時間管理術

エンジニアのための時間管理術

  • 作者: Thomas A. Limoncelli,株式会社クイープ
  • 出版社/メーカー: オライリー・ジャパン
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 11人 クリック: 322回
  • この商品を含むブログ (153件) を見る