Still Life

生活の記録。

おしくらまんじゅう、おされてぎゅっ。

今日は出向先が創立何周年とやらで社員がどこかに出かけてしまい、派遣や業務委託は皆お休みとなりました。
日当で暮らしている派遣さんなど心中複雑な人がいるかもしれないとは思いつつ、わたしは業務委託だから喜んで休みにしました。
保育園には内緒にして(本来は仕事をしているから預けられるわけなので)2歳児を元気に送り出してから、家に篭っていました。
何週間も前に今日の休みが確定して以降、2歳児も一緒でない完全一人の休日をどう過ごそうとわくわくしていたのですが、やっぱりというか当然というか、さして特別なことはせずじまいでした。まあそんなもんです。

あ、これを読んだ方、保育園には内緒にしておいてくださいね。

やったことは、今月中旬に予定している義母宅訪問旅行のしおり作り。
それから、最近JavaScriptで遊びはじめたプロジェクトをまとめてGitHubコミットと、ブログを再開するにあたっての最初の記事書き(これの1つ前の記事です)
これらを並行してTwitterを眺めつつだらだらとやっていたら、ランチを挟んで結局お迎えの時間までずっとMacに向かっていました。

独身時代なら無為に過ごしたと悔やむところですが、そもそもまる1日自宅でずっとMacに向かうなど、ここ1年半やってなかった気がするので、振り返ると不思議な充実感があります。

ランチは今年の春綱島に出来たアピタというショッピングモールで、気になっていたカフェ[PICKS]に入りました。2歳児も一緒だと入れないだろうと思い込んでいたお店はゆったりソファがたくさんの居心地ばっちり子供も安心そうな素敵なお店でした。今度2歳児と一緒に来よう。

www.picks-cafe.com

ランチ後にしまむらで2歳児のためにトレーニングパンツを購入。保育園で用意しておくように言われるまで、そんなものがあることも知らなかった。保育園がないとうちの子は適切に育ってもいなかったかもしれない。感謝しかありません。

いつものお迎えや夕飯の後、お風呂タイムで2歳児が今日覚えた歌を披露してくれました。

おしくらまんじゅう、おされてぎゅっ。

え?押されて泣くなじゃないの?とびっくり。
でもこっちのほうがかわいいし優しい。
世の中はこうしてちょっとずつちょっとずつ優しくなっていくのです。

まあ昨日教えてくれた歌は、はらぺこおおかみが散歩していた豚の家族を追いかけ回していたのですが。