Still Life

生活の記録。

おべんきょうしたい!

毎日ブログを書こうとすると、どうしても子供の話ばかりになってしまいます。
いつか2歳児が、「お母さんがブログでわたしのことを書くのが嫌だ」と言うようになったら、ブログは消せばいいけれども、それじゃあわたしの生活の主な関心は何だろうと思ってしまうかもしれません。いや意外と他のことも書いてるか。

今日も猛暑なので嬉々として(?)家に籠っていることにしたのですが、主にhuluでおさるやアンパンマンを見ている2歳児もさすがに退屈したのか、「おべんきょうしたい」と言い出しました。2歳児のお勉強はこれです。

2~4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版(特典つき) (学研の幼児ワーク)

2~4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版(特典つき) (学研の幼児ワーク)

わたしはこれをやることをお勉強と言った覚えがないのですが、多分言ったのでしょう。無意識に言ったことをしっかり学習されてしまうとなんだか落ち着かないのでした。とはいえ本人が楽しいことと思ってくれればそれに越したことはありません。

さて学研のこのワークブック、1冊で線引きから迷路まで手広くたっぷりプリントが入っていて、しかも鉛筆やクレヨンまでついていて非常にお得感がありました。
2~3歳くらいまではこれ1冊でじゅうぶんかもしれません。

数週間前から、休日に自宅で思い出したらという程度で取り組んでいますが、2歳児が順調にパスしたのは直線とゆるい弧のみ。ギザギザが登場すると全くできなくなってしまいました。経路を完全無視でしゅーっとまっすぐ線を引っぱってしまいます。
一緒にやったり説明したりして、曲がり角を意識するようになったのですが、まだジグザグに筆を運ぶに至りません。

立って歩くのも話すのも、全くできないところから一歩一歩の積み重ねでやっとできるようになってきたわけですが、ここにきて「運筆ひとつ取っても一歩一歩なのか!」とあらためて妙な感銘を受けてしまいます。この世にはなんと習得すべきことの多いことか。そしてその前途を全く不安に思うことなく、楽しく身につけてしまうことか。