Still Life

生活の記録。

台所リフォームの取捨選択

我が家のリフォーム

7月中旬にリフォームを行い、特に台所をシステムキッチンにしたことが大きな変化となりました。
ビフォーアフターのわかりやすい写真はこちらです。
aodrey.hatenablog.com

4年ほど前にトイレとお風呂をフィロームしました。
aodrey.hatenablog.com

これで水回りは全てすっきり新しくなり、古いマンションですが快適に過ごしています。

あとやりたいのは、

  • 廊下の壁紙を新しくする
  • 今は倉庫兼サーバールームになっている小さい部屋の壁をすっかり新しくして2歳児の子供部屋にする
  • 寝室の押入れの中板を外し、クローゼット風にする

を目指してまた貯金スタートです。

今日は台所リフォームの内容について、どんな選択をして、およそいくらかかったのかという話です。そのほかもうだうだ。

システムキッチンへの憧れ

台所をシステムキッチンにするのは、わたしがここに引越してきてからの念願でした。
30年以上リフォームされていなかった台所ですが、非常に綺麗に使われていたので、機能に不足はほぼありませんでした。さすがにコンロがダメになったので、2年前くらいにコンロ台を買いました。これでまだまだ大丈夫と思いきや、次は下水道が流れにくくなりました。掃除のしようがないのです。これはいよいよリフォームかなと思っていました。
病気療養と育児休暇が重なった生活から1年ちょっと、貯金もようやく持ち直したので、大きな支出ができるようになったところです。
こうして水回りリフォームの時と同じ業者のショールームに出かけました。

普通、リフォームというとリフォーム業者の選択、そしてメーカーの選択が大きな課題になるのだと思いますが、うちは前回と同じ業者と決めていたし、そうするとシステムキッチンはTOTOしか選択肢がなくなるので、この2つは迷いようがありませんでした。

どんなチョイスをしたか

TOTOのシステムキッチンでは、大きく分けて「THE CRASSO」という高級シリーズと、「mitte」という廉価版のような位置付けのシリーズとで選べました。とはいえ両者の違いは前者の方がよりハイクラスの選択肢があるというだけで、内容を決めていけばおのずからどちらになるのか決まるようなものだという解釈をしました。うちはいくつかの選択肢をハイエンドにしてしまったので、CRASSOになりました。

わたしがシステムキッチンに求めていたのは、何をおいてもまず食洗機、そして両面焼きグリルと、グリルに連動するタイマー機能です。
一方旦那さんの希望は、食洗機のほかには良いレンジフード、そしてステンレス以外の素材でできた天板です。

食洗機はその下に収納スペースを確保できない大型のものと、確保できる小型ものものがありましたが、家族3人ぎりぎり小型でもいけるだろうと思い、それより収納が少しでも多い方がいいと判断して小型にしました。

f:id:Aodrey:20180713151014j:plain
初食洗機。実は初期不良だった。
両面焼きグリルだったらタイマー機能は必ずついており、そういうことでコンロはごく普通のチョイスになりました。コンロの値段はむしろ色(なぜか黒より銀が高い)や天板の素材(ガラスが高くホーローが安い)なのですが、これらにはこだわりがなかったので、条件の中でも最も安いものをチョイスしました。

わたしが求めていた機能は、こうして特に高級でもない無難なものに落ち着いたのですが、意外なことに旦那さんのこだわりを反映させるとけっこうな高級志向になることがわかりました。

まずレンジフード。これは最も高機能なのが、CRASSOでチョイスできるので、迷わずこれにしました。商品名はゼロフィルターフードeco。ショールームでいかに簡単に清掃できるかを実演されて、旦那さんは絶対コレと意気込んだものです。
そして天板。これはずらりと並ぶ見本から、旦那さんがぜひにと選んだのが商品名クリスタルカウンター。模様や色を入れるともっと高くなるところ、それはせずに素材だけが最高級のものとなりました。わたしからするとステンレスでもじゅうぶん綺麗だし満足なのですが、数少ない旦那さんのこだわりなので、もちろん同意しました。実際綺麗でおしゃれだし。

f:id:Aodrey:20180713151002j:plain
美しい天板。

そのほか、水道の蛇口はCRASSO推しのハイエンドではなく、でもシャワーに切り替えられるものに。除菌ミスト?が出る機能などはなしなし。吊るし戸棚は引っ張っておりてくる必要はなし。でも足元の収納は引き出しがいい。パネルも普通で。特にこだわりなく無難なものをチョイスしたつもりだったので、ずいぶん安くなるかと思ったのですが、今こうして思い返してみると、それなりにはこだわってるみたい。わたしが水切りラックを兼ねた吊るし戸棚を欲しがったので、追加もありました。

そうして決めたCRASSOの台所。価格はおよそ150万円で、ドアや換気扇を含めてもなんとか200万円に収まるかなというところでした。意外に予算ぎりぎり・・・。

レンジフードの罠

台所の工事は大掛かりで、まる2日かかりました。その間立ち会っていないといけないというのに、アスベスト撤去時は外出していないといけないという複雑さ?でした。
この工事に先駆けて測量をし、それを持って正確な見積もりを出すのですが、測量後、大変なことがわかりました。
我が家の台所には、希望のレンジフードが入らないことがわかったのです。
旦那さんの数少ないこだわりの1つが消えました。新しくするにしてはごく普通の、無難なものになってしまいました。

とはいえ30年前のものに比べればじゅうぶん新しく、わたしは今の所不満がありません。フィルター掃除をする必要がありますが、週に1度ほど、スポンジでざっと洗えば、すぐにベタベタが取れて新品に戻ります。これをこまめにやっていれば相当持ちそうです。
また、わたしの言い方が間違っていたのかどうかわからないのですが、コンロのチョイスが高いものになった見積もりだったことがわかりました。
この2点を修正した見積もりで、なんと約120万円に修正されました。レンジフード高い!

一番助かったこと

そうして迎えた工事当日、古い台所の廃材を運び出すので、不要な粗大ゴミがあれば一緒に出しますよなどと言ってもらえました。
実はうちにはもう使っていないダブルベッドが物置部屋に鎮座しており、一体廃棄にいくらかかるだろうと思って何もできずにいたのです。調子に乗ってそれを示してみたら、本当に持って行ってもらえました。やったー!
さらに、台所のガス栓からガスを引っ張って使っていたガスヒーターも、システムキッチンにする過程でガス管を不恰好に引くことに抵抗があったので廃止したので、ガスヒーター本体も持って行ってもらいまいた。それから使っていない小さいモニタと古い扇風機などなど。
本当に調子に乗りました。ありがたいことです。

冬の暖房をどうするか

毎年とても暖かく過ごせたガスヒーターがなくなってしまったので、冬の暖房をどうするのかが課題です。
でも今は非常に暑いので、冬の寒さが想像できないのです。危機感ゼロ。エアコンは乾くから使いたくない・・・。でもオイルヒーターはものすごい電気代がかかるし。
これはもう寒くなったら考えることにします。