Still Life

生活の記録。

「あるだけ預金」というのはできなくなった

わたしは財布の小銭は普段の買い物で優先的に使っていくスタイルです。小銭入れの中身を綺麗に使い切ったり、そうでなくても100円玉だけなどになったりすると嬉しくなります。500円玉貯金をしていた時はほんの例外です。

旦那さんはレジで小銭を出すのが好きでないらしく、その日溜まった小銭を毎日のようにお菓子の缶に入れています。まだ1年経ってないのにビスコの保存缶が小銭でいっぱいになりました。

まだ年の瀬には早いですが、今年も共有口座に入れておこうと、通帳とビスコ缶を抱えて銀行に行きました。受付に立つ警備の方に小銭を全部預金したい旨告げると、意外な答えが返ってきました。いわく、窓口で数えることはしていないと。

あらかじめ数えていただく必要があります。「あるだけ預金」はもうやってないんですよ。

缶を抱えたわたしはびっくり。去年まではやってもらえたのに。何かトラブルでもあったのでしょうか。
まあ、客側がいくらと分からないお金を預かるわけにはいかないだろうことは理解できるのです。だからおまけで数えてくれてたんだろうなとは思ってたのですが、去年まではむしろ「あるだけ預金」と名のついたちゃんとしたサービスだったとは。逆の方向でも驚きました。

それか、100枚までならATMで入れて頂けます、と警備員さん。
その手があったか!というわけでATMに並び、迷惑なことにも8回預金を繰り返してビスコ缶を空にしました。

これからはもうちょっとだけ頻繁に貯金に行こうと思いました。それか、わたしが普段の買い物に使ってあげてもいいわけですけどね。