Still Life

生活の記録。

春の靴買い替え祭り

2ヶ月くらいの間に3歳児の靴を3足買いました。

買おうとしている靴が足に合っているかどうか、自分でもなかなかわかりにくいものです。言葉も感覚も経験も未熟な幼児ならなおさらのことと思います。お母ちゃんは正しく選んであげる自信がないので、値段が高くてもデパートの靴売り場に行くことにしています。店員さんが足を測ったり履いた具合を見てくれたりするので、安心できます。

まずは2月頃、それまで履いていた靴の底が剥がれかけてしまったので、サイズの同じ軽くて可愛いスニーカーを購入。通算5足目かな?(あとで数えてみよう。) サイズアップ以外の理由で買い替えたのは初めてでした。



新旧の靴を洗ってストーブの前で乾かしているところ。天気が悪くなければ好きなほうを都度選んで履いていました。

そして4月に入ってから、一挙に2足購入しました。新しい保育園では通園とは別に外歩き用の靴を園に置いておく必要があったため、買いに行きました。ここでまさかのサイズアップが判明してしまいました。前回から1センチも大きい靴を2足買うことに。たった2ヶ月前はサイズが変わらなかったのに。不思議。


手前が新しい靴2足。古いほうも、3歳児本人は「小さくない」と言っているので、たまに履いてしまいます。