Still Life

生活の記録。

2020/01/10 インフルエンザで3日溶かした

8日は起きると共に微熱だったので会社を休んで1日寝ていた。夕方に起きて熱を測ったら38度越え。もしやと思って検査をしてみると見事インフルエンザ(A型)と結果が出た。
9日も一日中寝ていて、何もしていない。3歳児を保育園に送り迎えするだけで大仕事だった。
今日になってようやく起きていられたので、家で何もせずに過ごした。
冗談でもなく、何もできないのだ。いつものようにツイッターやホッテントリを見ても、コメントを書く気力がわかない。

仕方ないので、溜まっていた切手の水剥がしをした。


切手はずっと集めているのだが、使用済み切手に限定している。皆郵便を使わなくなった今、未使用切手よりもレアなのではと思っている。


食事はまる2日鍋とお粥で乗り切った。
スーパーに鍋用のつゆが売っている。元気な時はちょっと贅沢だと思っていたそのつゆを初めて使用、楽さとおいしさに助けられた。
炊飯器から炊くお粥はふっくら美味しくなる。時間はかかるが放っておけばいいのでこういう時はやはり助かった。

ようやく今日になりわたしが回復したため、おかゆを付き合わせてしまった3歳児に、何が食べたいか聞いてみた。3歳児は「フランスパンが食べたい」と言う。
聞いてみると、長くてパリパリのパン、フランスパンの存在を保育園で知ったようで、一度食べてみたいとのことだった。
あるかどうかわからないけど・・・とコネクトに行ったところ、バタールと書かれた美味しそうな長いパンがあったので買ってみた。
ところがこれはとても柔らかいパンだった。柔らかいお陰で家族全員食べれたのだが。3歳児も5センチも食べてから「パリパリじゃなかったねー」と結論。なんか違ったねーと言いながら食事を終えたのだが、その後調べてみたら、バタールも立派なフランスパンだった。
ja.wikipedia.org

わたしや3歳児が想像したのは、バゲットという種類のようだ。今度は「フランスパン」ではなく「バゲット」で探してみよう。


3歳児のおもちゃコーナー定点観測も変わらず。がうちーが遊べと文句言っているのが映り込んでいる。